アドバンスドアナリティクスの市場規模、2027年に562億米ドル到達予測

アドバンスドアナリティクスの市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR23.1%で成長し、2027年には562億米ドルに達すると予測されています。アドバンスドアナリティクスとは、高度な技術やツールを用いてデータを調査するプロセスを指します。データシミュレーション、最適化、マイニングなどの技術は、記述的、予測的、統計的データに使用され、ビジネスインテリジェンス(BI)に対処するための知識を提供します。BIは、組織が情報をよりよく理解できるようにするための広範かつ詳細な分析を提供します。

昨今、ソーシャルメディアが普及し、インターネット上のベンダーに豊富なデータや情報が提供されるようになりました。従来のツールでは、データに隠されたパターンを特定することができませんでしたが、高度な分析市場ツールにより、隠された情報の抽出が可能になり、企業が顧客の行動を明確に理解することが出来るようになりました。また、抽出された情報は、企業が顧客に提供するサービスをカスタマイズするためにも役立ちます。

アドバンスドアナリティクス市場の成長の主な要因は、世界中で増えているビジネスデータの量に起因しています。業界は市場の需要に合わせて急速に成長しています。アドバンスドアナリティクスとは、ビジネスオペレーションを修正および改善するために使用される、幅広い検査分野のことです。これには、データに対する洞察を得るための数学的操作が含まれ、提案の作成、隠れた洞察の発見、予測などをサポートします。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックにより、多くの企業でアナリティクスやAIの活用が増強されました。企業では、事業継続性の確保やプロセスの最適化のために、高度なアナリティクスの導入が増加しています。また、高度なアナリティクスによる、データマイニング、ニューラルネットワーク、機械学習、多変量統計、セマンティック分析など、最新技術の向上や生成されるデータ量の増加に伴い、企業での導入が進んでいます。

タイプ別の展望

市場は、タイプ別に、ビッグデータアナリティクス、ビジネスアナリティクス、カスタマーアナリティクス、リスクアナリティクス、統計分析、その他に分類されています。2020年は、ビッグデータアナリティクスセグメントが最大シェアを占めました。これは、ソーシャルメディアの人気上昇と、大量のデータを生成するデジタルまたはバーチャルオフィスの増加によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]