ヴィーガンチョコレート菓子の市場規模、2027年に10億米ドル到達予測

ヴィーガンチョコレート菓子の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR12.3%で成長し、2027年には10億米ドルに達すると予測されています。ヴィーガンチョコレートには、動物成分が含まれていないため、乳脂肪、ホエイ、カゼイン、乳固形分などの乳製品は使用せず、植物由来の成分から作られています。通常のチョコレートに比べて、脂肪分やコレステロールの含有量が少ないのが特徴です。先進国ではヴィーガンの食文化が高まっており、ヴィーガンチョコレート市場の成長にもつながっています。

ミレニアル世代や労働人口層がヴィーガン文化を積極的に取り入れており、製品の需要を急増させる要因となっています。一方、COVID-19パンデミックの影響を受けた国が多数あることから、世界中でカカオの供給が妨げられています。これにより、ココアの生産量および販売量がともに減少しています。また、高級チョコレートや職人技を駆使したチョコレートの需要も減少しています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックは、消費者の買い物のパターンに深刻な影響を与えました。彼らは、栄養とエネルギーのある、安価な製品を備えることを好みます。パンデミックにより、サプライチェーンが制限され、クラフト会社や小規模チョコレート会社を中心に、ヴィーガンチョコレート製品の製造に影響が出ています。

パンデミックの際、多くの人は生き延びるために必須なものを蓄えようとしました。チョコレートは必需品ではないかもしれませんが、消費者にとっては楽しみとなります。欧州では、チョコレートが売り切れ、スーパーマーケットやその他の食料品店では在庫がなくなってしまいました。しかし、電子商取引を利用することで、これらの店は再開し、市場の早期回復に役立っています。ヴィーガンチョコレート菓子市場は、今回のロックダウンによる大きな損失はなく、この状況を乗り切ることができると思われます。

タイプ別の展望

市場は、タイプ別に、ミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレートに分けられます。2020年は、ミルクチョコレートセグメントが最大シェアを獲得しました。現在、トップ企業は、ヴィーガンチョコレートを自社の主要カテゴリーとして紹介しています。この企業の取り組みは、顧客からの評価を得て、製品販売の上昇につながると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]