卓上キッチン製品の市場規模、2027年に597億米ドル到達予測

卓上キッチン製品の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 8.9%で成長し、2027年には597億米ドルに達すると予測されています。これは、卓上キッチン製品には染料やポリマー、コーティング剤、接着剤などを使用していないため、より安全に使用できることに起因しています。消費者は、環境に害を及ぼさない、再利用が可能な持続可能な製品を求めています。例えば、ロサンゼルスに本社を置くOur Place社は、テフロンフリー、PTFE、素材に配慮した卓上キッチン製品を製造しています。

卓上キッチン製品が成長している主な要因は、世界中で食品サービスや接客業が増加していることと、食器の需要が高まっていることによります。それに加えて、食品サービス産業は、サービスの質を向上させ、食事の消費者体験を高めることを目標としています。今後数年間は、フードサービス産業が卓上キッチン製品の市場成長を後押しすると推測されます。

さらに、製品メーカーは、建築家や建設施工業者と協力しています。市場の成長を促進する要因としては、セルフサービスやビュッフェのコンセプトおよび家庭での調理の人気が高まっていることが挙げられます。また、カラフルな色使いや、限られたスペースにも対応可能な製品など、消費者のニーズを満たすトレンドが、住宅分野の市場に有益な機会を提供しています。また、人口の増加に伴い、食器セットや、コーヒー・ティーメーカー、グラインダー、電子レンジなど、使いやすさに主眼を置いて家電製品を検討する人が増えており、ニーズに合わせたカスタマイズが可能になっています。さらに、飲食店や業務用厨房、レストランやホテルの数が増加していることも、市場の成長を後押ししています。

COVID-19の卓上キッチン製品への影響

COVID-19パンデミックの発生に伴い、各国政府は、コロナウイルスの蔓延を抑制するために、社会的距離を置く、渡航禁止、製造装置の一時的な停止など、いくつかの制限を課しています。これらの影響により、世界の卓上キッチン製品市場は、ホスピタリティや商業部門が完全に閉鎖されたため、成長が鈍化しました。

パンデミックの影響で、消費者の嗜好がキッチン環境やウェルネスへと変化しています。人々は自宅で仕事をするようになり、住宅の改築が増加しています。ハーバード大学のJoint Center for Housing Studies(JCHS)によると、国際的な大都市では2020年のリフォーム件数が2%増加するとのことです。

タイプ別の展望

市場はタイプ別に、ディナーウェア、ホワイトグッズ、ビュッフェ製品、ドリンクウェア、フラットウェア、その他に分類されます。白物家電の今後の成長が期待されています。このセグメントには、オーブン、トースター、電子レンジ、紅茶・コーヒーメーカー、電気ケトルなどが含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]