食品保存容器の市場規模、2027年に2,232億米ドル到達予想

食品保存容器の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR6.6%で成長し、2027年には2,232億米ドルに達すると予想されています。食品保存容器を使うことで、食品の安全性と品質を維持することができます。家庭用食品保存容器は、食品の種類、包装、温度や湿度などにより保存条件を選び、食品の保存性を高めます。

食品保存容器が必要な理由は色々あります。特に、工業用厨房では、食品保存容器は必要になります。色や素材はもちろん、サイズも丸型、四角型、長方形と豊富にあり、先進国では、古くから家庭用食品保存容器のカテゴリーはビジネスとして存在します。

食品保存容器の、持ち運び、包装、消費面での利便性は、多くの消費者にとって非常に有用です。そのため、メーカーは顧客のライフスタイルの変化など、さまざまな点を考慮する必要があります。働き盛りの人々の多忙な生活など、ライフスタイルの変化は、今後の業界の成長にプラスの影響を与えると考えられます。食品保存容器の素材には、フレコンバッグ、サック、板紙、硬質プラスチック容器、金属容器、ガラス瓶などが使用されています。

COVID-19の影響分析

COVID-19パンデミックの状況は、人々の生活に害を及ぼしています。誰もが軽度または重度の経済的問題や健康問題を経験し、現在も直面しています。このパンデミックは世界経済に深刻な混乱をもたらしました。生産ユニットの閉鎖により、通常の企業の業務を混乱させました。しかし、食品工場やパッケージ分野では、衛生管理の必要性に対する意識の高まりや、政府の動きの活発化により、食品保存容器市場への影響はほとんどありませんでした。

さらに、このパンデミックにより、健康的な食品を消費するという意識が生まれました。食品保存容器は、食品の保存に役立ち、品質を維持することができます。パンデミックにより、人々は健康的な食品を消費することの重要性を認識しました。食品保存容器は、新鮮で栄養価の高い食品を消費するために、人々の生活の中で重要な役割を果たしています。したがって、COVID-19パンデミックの発生は、食品保存容器市場に若干のプラスの影響を与えています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]