脳脊髄液ドレナージのカテーテル留置の市場規模、2027年に4億260万米ドル到達予測

脳脊髄液(CSF)ドレナージのカテーテル留置の市場規模は、2021年~2027年の間にCAGR 8.6%で成長し、2027年には4億260万米ドルに達すると予測されています。水頭症の治療では、脳脊髄液シャントシステムを設置することが一般的な医療行為であり、大多数の患者にとって救命処置となっています。

これらのシャントシステムは、脳から体の他の部分に余分な液体を取り出すことができ、循環過程で液体の吸収が行われます。CSFシャントには、流入チューブ(カテーテル)、液体の流れを制御する値、液体の吸収が行われる腹部または心臓に液体を運ぶ流出カテーテルの3つの主要部分があります。

髄液シャントバルブには、調節可能なものと固定式の2種類があります。調節可能なシャントバルブは、バルブから流れる液体の量を変更することができます。また、このバルブは、磁気外部調整可能タイプと非磁気外部調整可能タイプにさらに二分されます。固定式シャントバルブは、CSF圧が指定された固定限界を超えたときにCSF液の排出を可能にします。

脳脊髄液ドレナージのカテーテル留置の需要は、神経疾患の増加と、外傷性脳・脊髄損傷を引き起こす交通事故の増加に起因しています。さらに、世界各国における同市場の成長は、絶え間ない技術開発と低侵襲手術が好まれる傾向によって後押しされます。

COVID-19の影響分析

脳脊髄液ドレナージのカテーテル留置市場は、COVID-19パンデミックの発生により、悪影響を受けています。パンデミックの状況下で、ウイルスの蔓延を抑制するために、多くの脳関連の外科手術が延期もしくは中止されました。最も高い影響を受けた、インド、米国、ロシア、ブラジル、フランス、イタリア、英国、スペインなどの国では、神経疾患に関連する外科手術が大幅に減少しました。米国外科学会(ACS)は、選択的手術を延期または中止するよう勧告を発表しました。

さらに、多くの国で厳しいロックダウンが実施され、サプライチェーン、配送スケジュール、製造活動、CSFの販売などに混乱が生じています。一方、感染の鎮静化とともに、各国でロックダウンの条件が緩和され、選択的処置が行われるようになったことで、今後の市場の回復が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]