Webコンテンツマネジメントの市場規模、2027年に162億米ドル到達予測

Webコンテンツマネジメントの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR14.8%で成長し、2027年には162億米ドルに達すると予測されています。Webコンテンツマネジメントとは、企業がWebサイト上のデジタルデータを整理するための一連のツールを含む、ソフトウェアシステムを指します。コンテンツマーケティングは、デジタルマーケティングキャンペーンを展開する上で重要な鍵となるため、企業の成長には欠かせない要素です。Webコンテンツマネジメントシステムを使用することで、企業は一元的なインターフェースを手に入れることができ、コンテンツを簡単に編集したり、公開前に様々なメディアを追加したりすることが可能になります。

Webコンテンツマネジメントは、企業の対応をより柔軟にし、企業の要求に合ったツールを使うことで、コンテンツをカスタマイズできるようにします。さらに、Webコンテンツマネジメントは、オンプレミスでもクラウドでも導入することができ、企業のビジネス拡大とブランドイメージの向上をサポートします。カスタマーエンゲージメントは企業の成長に重要な役割を果たしますが、これはWebコンテンツマネジメントシステムを導入することで改善できます。

現在、カスタマーエンゲージメントは、企業が直面する大きな課題の一つです。デジタルプラットフォームの登場により、顧客の期待は大きく高まり、自分で素早くサービスを受けたいと思うようになりました。そのため、企業はカスタマーエンゲージメントを維持し、カスタマイズされたコンテンツを提供するために、魅力的なコンテンツを公開するようになりました。これはWebコンテンツマネジメントシステムを活用しなければ達成できません。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、社会のほぼすべての領域に影響を与えました。COVID-19の感染者数が増加していることから、各国の企業や製造業の工場が閉鎖されました。パンデミックとの戦いは現在も続いており、社会のさまざまな分野に大きな影響を与えています。さらに、在宅勤務やオンライン授業の導入により、世界中でデジタル化が進んでいます。すべての組織は、デジタルソリューションを通じて業務を変革しており、これがWebコンテンツマネジメント市場の成長を促進しています。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分けられます。統合ソリューションの成長は、統合Webコンテンツ管理ソリューションがスイートやプラットフォームのコンポーネントとして提供されることに起因しています。統合ソリューションは、1つのソリューションと組み合わせることで、エンドユーザーに多くのメリットをもたらします。この利点には、編集ツール、パーソナライゼーション、デジタル資産管理、文書管理、記録保持などが含まれ、顧客は1つのソリューションで様々なデータ保護を実現することができます。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、Webサイト管理、ソーシャルメディア管理およびアクセスコントロール、ドキュメント管理、コンテンツのスケジューリング&デプロイメント、ワークフロー管理、その他に分類されます。今後は、ソーシャルメディア管理のセグメントが、大きな成長率を記録すると予想されています。これは、ユーザーの投稿を作成、公開、評価することで、さまざまなソーシャルメディアプラットフォーム上でのオンラインプレゼンスを向上させたいという組織の要求が高まっていることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]