歯磨き粉の市場規模、2027年に293億米ドル到達予測

歯磨き粉の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR 5.8%で成長し、2027年には293億米ドルに達すると予測されています。歯磨き粉は、ペースト状またはジェル状の歯磨剤で、歯の清掃を目的として歯ブラシと組み合わせて使用します。歯磨き粉は、歯の美しさと健康を維持するのに役立ち、口腔衛生を保つことができます。また、歯垢や食べ物が歯に付着するのを防ぎ、口臭を抑えるのに役立ちます。歯磨き粉に含まれるフッ化物などの有効成分は、虫歯や歯周病の予防に役立ちます。また、塩と炭酸水素ナトリウム(重曹)でできており、そのため、歯磨き粉を大量に飲み込むと、体に毒となります。

口腔衛生を維持するには、まず歯を清潔に保つことが大切で、そのためには、歯磨き粉が欠かせません。歯のトラブルを防ぐために、歯科医は1日2回の歯磨きを推奨しています。歯を効果的に洗浄し、白さを保ち、虫歯にならないためには、信頼できる歯磨き粉を選ぶ必要があります。歯磨き粉には様々なブランドがあり、ジェル状のものとパウダー状のものがあります。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生による歯磨き粉市場への影響は限定的です。練り歯磨きは必要不可欠な商品やサービスに含まれるため、パンデミックの間も需要は変わりませんでした。また、これらの製品の国境を越えた移動は認められていたため、その需要は、1年間を通して変わりませんでした。また、パンデミックにより、口腔衛生を保つことの重要さが明らかになり、消費者の口腔衛生に対する意識が高まったことで、歯磨き粉市場は成長し、加速する可能性があります。

製品タイプ別見通し

市場は、製品タイプ別に、従来型歯磨き粉、ホワイトニング・敏感肌用歯磨き粉、ハーバル歯磨き粉に分類されます。2020年は、従来型の歯磨き粉が最大シェアを占め、今後も優位性を維持すると予測されます。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、ハイパーマーケット&スーパーマーケット、小売店、薬局、オンラインストアに分類されます。2020年は、ハイパーマーケット&スーパーセグメントが最高の市場シェアを獲得しました。これは、人々がハイパーマーケット&スーパーマーケットで家庭用品を購入する傾向が高まっていることに起因します。さらに、これらの店舗では、製品ごとに棚が分かれているため、製品を見つけて購入することが容易になっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]