プロジェクションマッピングの市場規模、2027年に84億米ドル到達予想

プロジェクションマッピングの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR20.1%で成長し、2027年には84億米ドルに達すると予想されています。プロジェクションマッピングとは、アニメーションやビデオ、その他のカラフルなディスプレイを投影するために、エリアや不規則な形状のオブジェクトを回転させて、実現可能な表面にするために利用される投影技術のことです。プロジェクションマッピングの対象となる物体やエリアには、屋内の小さなものから、劇場の大舞台や産業用の景観・建物などがあります。プロジェクションマッピングの市場は、広告や映画などのアプリケーションに技術が利用されていることから、常に拡大しています。さらに、2D、3D、4Dで行うことができ、様々な場所に設置することができます。

プロジェクションマッピング市場の発展は、顧客満足度の向上や技術導入の急増などにより、市場を活性化させる要因をもたらしています。一方で、プロジェクションマッピングに関する認知度の低さや、技術コスト、専門知識を持つ人材の不足などが、市場の成長を妨げる要因となっています。

用途に合ったプロジェクターを選択するためには、会場の大きさ、投射距離、会場の環境照明などが重要なポイントとなります。プロジェクターの光処理素子は、明るさを決めるプロジェクターランプと、色の出力を制御するカラーホイールで構成されています。技術的には、より高いワット数のランプを使用することで、高い輝度を得ることができます。また、プロジェクターを選ぶ際には、明るさが重要な要素となります。明るさはルーメンまたはANSIルーメンで表示されます。ルーメンはプロジェクターの光源の強さを表します。講堂や大きな会場で使用するプロジェクターは7,000ルーメンからとなりますが、さらに大きな明るい会場では2万5,000ルーメン以上のプロジェクターが必要になる場合もあります。大きなスクリーンやキャンバスには7万5,000ルーメン程度のプロジェクターが最適で、1台のプロジェクターを設置するだけでなく、必要に応じて多数のプロジェクターを並べることで、故障を防ぐ場合もあります。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの影響で、世界各国では厳しい閉鎖や外出禁止令が出され、大勢の人が集まるイベントは、状況が改善するまで中止または延期されました。Barco(ベルギー)、パナソニック(日本)、エプソン(日本)などのプロジェクションマッピング市場の大手企業は、この期間に活動を縮小しています。しかし、会計年度20年から21年の最終四半期には、市場は徐々に回復を見せています。

プロジェクションマッピング市場は、屋内での利用や小規模なイベントでの成長が見込まれており、空間拡張現実(AR)や投影型ARなどの技術は、社会的な距離感を保つことが出来るため、プロジェクションマッピングを効率化するために活用されています。2021年は、世界的な医療イベントやスポーツイベントの増加、広告費の高騰などにより、市場も回復傾向にあると考えられます。

投影距離別見通し

市場は、投影距離別に、スタンダードスローとショートスローに分類されます。2020年は、スタンダードスローセグメントが圧倒的に多く、2021年から2027年の間にCAGR19.1%で成長すると考えられます。ショートスローセグメントは、同期間に23%のCAGRで成長すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]