PaaSの市場規模、2027年に103億米ドル到達予想

PaaS(サービスとしての調達)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.9%で成長し、2027年には103億米ドルに達すると予想されています。PaaSとは、企業の調達要件の管理を目的に、専門知識、従業員、技術を理想的に融合させた第三者による調達のことです。さらに、企業の消費に関する分析や洞察を提供することで、さまざまな作業のコスト削減にも役立ちます。また、管理、調達、購買などの業務を効率的に行うため、適切なツールを利用して理想的な専門家を採用することで、調達ライフサイクル全体の改善役立てます。

ここ数年、PaaS市場は、規模拡大のための時間、市場戦略、投資力、ソースへの直接かつ容易なアクセスなどの側面から、大きな人気を博しています。既存のアウトソーシングモデルは、主に長期的な複数の調達方法と固定コストのアクションに基づいて構築されており、すでに時代遅れとなっています。しかし、PaaSモデルは、間接的および直接的な支出の要件を特定するのに十分な能力を持っています。それに加えて、調達サービスベンダーは、透明性をさらに向上させる報告ポータルを使用して、さらに調達を明らかにするために役立てます。また、サービスベンダーは、調達モデルと分析へのアクセスを合理化し、在庫の監視やレポートの実行、さらには支払いのアップロードを支援します。これらの機能により、企業は業務の優れた管理と効率性の向上を実現することができます。

COVID-19の影響

世界各国の企業がパンデミックの影響に悩まされている中、高い収益性を維持しながら、供給リスクを低減し、運転資金やキャッシュスローを最大化するサービスに注目が集まっています。2020年の第2四半期には、ロックダウンにより企業は製造業務を閉鎖し、コストを削減しました。その後、2021年に市場は緩やかな回復を見せ、事業活動の再開に伴い、2022年末にはCOVID-19以前と同程度の成長が見込まれています。

企業規模別見通し

市場は、企業規模別に、大企業と中小企業に分類されます。大企業は、複雑な調達契約やバッグディールを処理するためのロードマップを持っているため、PaaSソリューションに多額の投資を行い、収益シェアを獲得しています。PaaSソリューションは、ビジネスの複雑さを最小限に抑えつつ、運用コストを削減することができるため、大企業の間で高い人気を誇っています。大企業は、今後、有望な成長率を示す一方で、レガシーシステムによる統合問題が大きな制約となります。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、製造業、小売業、BFSI、ヘルスケア、IT・通信、その他に分類されています。2020年は、小売業が高いシェアを獲得しました。小売業界は顧客中心主義であり、進化する顧客ニーズや消費習慣から生まれる業界トレンドを備えています。小売業の環境でPaaSソリューションは、活動の同期化を支援するとともに、投資収益率を高めます。さらに、機械学習(ML)や人工知能(AI)などの最新技術を取り入れることで、分析などのさまざまな付加サービス機能をエンドユーザーに提供することができるようになります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]