HPV検査とパップテストの市場規模、2027年に71億米ドル到達予想

HPV検査とパップテストの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR33.5%で成長し、2027年には71億米ドルに達すると予想されています。パップテストとHPV検査は、いずれも子宮頸がん検診に含まれます。子宮頸がん検診は、子宮頸がんの原因となる異常を発見することができるため、女性の定期的な健康診断の中でも重要な項目です。女性は21歳から3年ごとにパップテストを受けることが推奨されています。また、30歳から65歳までの女性は、5年ごとにパップテストとHPV検査を受けるか、3年ごとにパップテストを受けることが推奨されています。危険因子を持つ女性は、より頻繁に検診を受ける必要があり、65歳を過ぎても検診を続けることが望まれます。

HPV検査とパップテストの市場を促進する要因は、絶え間ない技術開発、子宮頸がん検診プログラムの増加、子宮頸がん患者の増加などが挙げられます。一方で、世界的なCOVID-19危機や、ロックダウン規範や制限により、定期的ながん検診が大幅に減少しています。

COVID-19の影響

COVId-19パンデミックの影響で、多くの環境でがん検診サービスの中断が観察されています。このような状況では、今後数年間で、進行したがんの診断と死亡が増加することが予測されます。現在、検診サービスがある程度再開されていますが、その後、COVId-19パンデミックが繰り返されていることで、医療提供に混乱が生じています。安全性が高く、非常に効果的なCOVID-19ワクチンが承認されたにもかかわらず、供給上の制約により、その展開が遅れています。そのため、医療の混乱はしばらく続くと予想されており、HPV検査・パップテスト市場にも悪影響を及ぼしています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、パップテストとHPV検査に分けられます。2020年は、パップテストが最大シェアを獲得しました。これは、様々な検診プログラムで大規模に実施されていることが要因と考えられます。また、パップテストに関する意識向上のための取り組みが増えていることも、このセグメントの成長を後押ししていると考えられます。

製品別見通し

市場は、製品別に、消耗品、機器、サービスに分けられます。2020年は、消耗品セグメントが高いシェアを獲得しました。これは、HPV検査や子宮頸部検査において、消耗品が継続的に使用されているためと考えられます。また、大手企業による製品開発が加速すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]