エリスロポエチン製剤の市場規模、2027年に202億米ドル到達予想

エリスロポエチン製剤の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR11.8%で上昇し、2027年には202億米ドルに達すると予想されています。エリスロポエチン(EPO)は、ヘマトポエチンとも呼ばれる糖タンパク質のホルモンで、骨髄で赤血球を産生する赤血球生成プロセスを促進します。また、末期腎不全(ESRD)による貧血を治療するために開発されたもので、この病気の治療や透析療法に役立っています。さらに、末期腎不全の貧血状態での使用以外にも、化学療法による貧血にも承認されており、簡略化後の新薬申請(ANDA)で承認を得たことで、化学療法誘発性貧血における高い成功率が得られています。大手バイオ医薬品企業は、もう一つの誘発性貧血である、HIV患者に多く見られるART誘発性貧血に対するエリスロポエチンの採用にも注目しています。

エポエチンアルファは、1983年に米国アムジェン社が開発した遺伝子組換え型エリスロポエチンの一種で、アルファ製剤、ベータ製剤に次いで米国で商品化された最初のrhEPOです。エポエチンは、165アミノ酸からなる赤血球造血刺激性糖タンパク質を指し、組換えDNA技術を用いて細胞培養で製造されます。本剤は、貧血をはじめ、慢性腎不全、化学療法、抗ウイルス剤治療など、血液に関わる臨床症状を持つ患者の治療に使用され、また、外科手術による周術期出血のリスクが高い患者にも推奨されています。

COVID-19の影響

COVID-19のアウトブレイクにより、多くの産業が一時的なシャットダウンを余儀なくされました。主な影響を受けた産業は、ヘルスケアのサブドメインです。一方で、エリスロポエチンなどのいくつかの医療サービスの需要を増加させました。エリスロポエチン製剤は、貧血の治療に使われ、COVID-19に効果的に働きます。このことは、エリスロポエチンは重篤な病気の発生を抑え、長期的な神経疾患の発症から人々を守ることができる、として、ゲッティンゲンにあるマックス・プランク実験医学研究所の科学者によって科学的に証明されています。また、エリスロポエチンは他の多くの疾患にも有益であり、肺、腎臓、心筋、網膜、膵臓、神経系、内皮細胞などの組織において再生作用、抗虚血作用、抗アポトーシス作用などの細胞保護作用を持っています。

薬剤クラス別見通し

市場は、薬剤クラス別に、バイオロジクスとバイオシミラーに分けられます。2020年は、特許保護の観点からバイオロジクスセグメントが市場を支配しました。大規模な患者人口の存在と、生物製剤採用の増加が、バイオロジクスセグメントを牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]