組み込み型マルチメディアカードの市場規模は、2027年に118億米ドル到達予想

組み込み型マルチメディアカード(eMMC)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR3.5%で成長し、2027年には118億米ドルに達すると予想されています。eMMCは、先進的な組み込み型の不揮発性メモリシステムです。また、フラッシュメモリコントローラとフラッシュメモリの両方で構成されており、アプリケーションインターフェースの設計を効率化し、ホストプロセッサを低レベルのフラッシュメモリ管理から解放します。

eMMCは、ロボット、シングルボードコンピュータ(SBC)、医療機器、ネットワーク、ビル制御機器、自動車など、さまざまな組込みアプリケーションで急速に採用されています。これは、コンパクトなサイズ、低消費電力、改良された機能によるものです。デジタル化が進む世界では、IoT(Internet of Things)が急速に普及しており、eMMCも多くのアプリケーションに活用されることが期待されています。

eMMCは、従来の切手よりも小さなフットプリントであるため、多くの電子機器に最適で、スマートフォン、スマートテレビ、小型ノートパソコン、ウェアラブル技術、スマート家電などに使用されています。ストレージはデバイスのマザーボードに直接はんだ付けされていることで、「組み込み」という名前が付けられています。eMMCストレージは、SDカード、USBドライブ、ソリッドステートドライブなどに多く採用されているNANDフラッシュで構成されていますが、パッケージが異なる点が特徴です。

eMMCは、コンシューマー製品への応用以外にも、医療機器、自動車、シングルボードコンピュータ(SBC)、ロボット、ネットワーク、ビル制御機器など、多くの組み込みアプリケーションで急速に使用されています。また、小型化、低消費電力、拡張機能など、多くの利点があり、IoT市場の大幅な成長に伴い、その他のアプリケーションにも応用されています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生は、世界のeMMC市場に多大な影響を与えています。このパンデミックは、製造業への影響から、世界経済にダメージを与えました。電子部品や半導体デバイスの製造停止に伴う供給不足から、半導体部品の費用は2〜3%増加しました。さらに、多くの資本予算が削減され、計画されたプロジェクトが遅延しており、eMMC市場の成長を制限しています。

産業別見通し

市場は、産業別に、自動車、航空宇宙・防衛、産業、ヘルスケア、公共、IT・通信、その他に分類されます。2020年は、自動車分野が高いシェアを占めており、今後も高い成長率を示すと予測されます。自動車業界や電子機器でのeMMCの需要が急増していることが、自動車セグメントの成長につながる主な要因です。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]