分散型光ファイバーセンサーの市場規模、2027年に19億米ドル到達予想

分散型光ファイバーセンサーの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR8.5%で成長し、2027年には19億米ドルに達すると予想されています。分散型光ファイバーセンサーは、物理的側面や光ファイバーの長さを計算するために利用される光電子ツールを指します。さらに、音響、温度、歪みの状態をファイバーの全長にわたって一定のプロファイルにすることができます。これにより、様々なアプリケーションで重要なデータを得ることができ、厳しい環境下で多数のポイントで感知した物理的要因を監視するためのコスト効率の高いオプションを提供します。さらに、分散型光ファイバーセンサーは、長距離での高精度な検出を可能にします。

分散型光ファイバーセンサーは、人間の手が届かない過酷な作業環境での監視を目的とした需要の高まりが、市場の成長を支えています。また、長距離をカバーすることによる信頼性の高さや、安全システムの強化などが、市場の成長を促進しています。一方、分散型光ファイバーセンサーに関する認知度の低さや、設置・動作時に直面する技術的な不具合、膨大なコストは、市場成長の抑制要因となっています。しかし、安全基準の向上、政府のフレームワークや政策の支援、データに基づく分析への需要の高まりは、主要な市場プレーヤーに有利な機会をもたらしています。

COVID-19の影響

世界的なCOVID-19パンデミックの発生により、多くの工業・土木分野での光ファイバーの採用が減少しています。しかし、様々な製造方法の変化や、ミッションクリティカルな状況での光ファイバーの導入に対する要求の高まりは、分散型光ファイバーセンサー市場に様々な成長の道を開いています。さらに、光ファイバーの使用は、COVID-19の検査プロセスを加速し、合理化につながります。プラズモニック光ファイバー吸光バイオセンサーの開発は、医療従事者がより迅速で堅牢な検査を行うことをサポートすると予想されます。

技術別見通し

市場は、技術別に、ラマン効果、ブリルアン散乱、レイリー効果、干渉計、その他に分類されます。レイリー効果は、ひずみや温度などのあらゆる物理パラメータを計算することができるため需要が高く、急速に成長しているセグメントです。この方法では、光の散乱原理を利用して、物理パラメータのセンシングに役立つ伝搬効果を観察します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]