デジタルトランスフォーメーションの市場規模、2027年に1兆3,029億米ドル到達予想

デジタルトランスフォーメーションの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR20.8%で成長し、2027年には1兆3,029億米ドルに達すると予想されています。デジタルトランスフォーメーションとは、従来の課題を解決するためにデジタル技術を活用することで、技術的に進歩した製品やソリューションの発売を可能にします。デジタルトランスフォーメーションでは、ソフトウェアのインストールにより、ブランドイメージ、顧客体験、顧客維持率を向上させることができ、その技術を導入した企業は、変化する環境に柔軟に対応することができます。特に、COVID-19パンデミックの状況下における急激な変化に対して、大きな力を発揮します。

さまざまな業界の企業が、デジタルエクスペリエンスプラットフォーム(DXP)の構築を目指して、クラウドプラットフォーム、ビッグデータ技術、モビリティに多額の投資を行っています。また、膨大な量のビジネスデータを生成する企業は、データから有益な洞察を得るために、機械学習、量子コンピューティング、IoT、ブロックチェーンなどの先進技術を組み込んだデジタルトランスフォーメーションソリューションを導入しています。このトレンドから、主要な市場プレーヤーは、最高品質の製品と機能を低コストで提供するために、製品開発とイノベーションを目指しています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生により、さまざまなビジネスが多大な影響を受けています。2020年の世界経済の課題は、社会的距離を置くガイドライン、ロックダウン規範、在宅勤務文化、その他の運営上の問題の中で、事業を継続することでした。業務のオンライン化や、在宅勤務を実現するにあたり、デジタル戦略やインフラ、ツールが利用できないことが、多くの企業の課題となりました。

このような状況を受けて、大多数の業界ではデジタルトランスフォーメーションが急務であるとの認識が高まり、同市場に有利な機会が生まれています。企業は、デジタルトランスフォーメーションの利点をより認識するようになっており、特に在宅勤務による、遠隔地での容易な学習、コラボレーション、組織機能の実行を実現に力を注いでいます。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ソリューションとサービスに分けられます。さらに、ソリューションセグメントは、アナリティクス、クラウドコンピューティング、モビリティ&ソーシャルメディア、その他に分類されます。2020年は、アナリティクス部門が最大シェアを獲得しました。これは、企業が作成する膨大なビジネスデータへの需要があるためです。スマートデバイスやアプリケーションの大規模な導入により、さまざまな産業やセクターで生成されるデータが大幅に増加しています。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、BFSI、政府・防衛、IT・通信、ヘルスケア、製造、消費財・小売、その他に分類されます。小売分野では、ビッグデータ分析、クラウドコンピューティング、DevOps、ソーシャルネットワーク、デジタルストアなどの新しい独自のテクノロジーの導入が進んでいます。この背景には、顧客中心主義への要求や、顧客ニーズの高まりが牽引要因となっています。また、小売業者が、あらゆるチャネルで新規顧客を獲得し、既存顧客を維持するために、デジタルEコマースやウェブアプリケーションを活用している点も、市場成長の要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]