データ注釈ツールの市場規模、2027年に23億米ドル到達予想

データ注釈ツールの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR24.4%で成長し、2027年には23億米ドルに達すると予想されています。データ注釈ツールとは、クラウドベース、コンテナ型、またはオンプレミス型のソフトウェアソリューションを指し、機械学習用のプロダクショングレードのトレーニングデータセットにアノテーション(注釈)を施すのに役立ちます。また、データ注釈ツールの中には、オープンソースやフリーウェアとして提供されているものもあり、多くの企業に採用されています。データ注釈ツールは、主に、ビデオ、画像、音声、スプレッドシート、テキスト、センサーデータなど、特定の種類のデータに使用するために開発されています。また、オンプレミス、SaaS(クラウド)、コンテナ、Kubernetesなどの様々な展開モデルを提供しています。

機械学習の分野では、機械学習モデルに満足いく結果を導くため、データにラベルを付けるプロセスをデータ注釈と呼んでいます。このプロセスでは、データセットにラベルを付けたり、マークを付けたり、転写したり、タグを付けたり、機械学習システムが必要な機能を処理したりして、識別を学習します。モデルの実装後、システムはそれらの特徴を自ら識別し対応します。アノテーションされたデータは特徴を明らかにし、企業のアルゴリズムがアノテーションされていないデータセットの特徴を認識するように訓練されます。データ注釈は、主に、教師付き学習およびハイブリッド、機械学習モデル、または教師付き学習を含む半教師付き学習で活用されます。

COVID-19の影響

COVID-19の蔓延を抑制するため、各国の政府が実施した規制により、商品やサービスの供給が制限されています。パンデミックに伴う全国的な製造拠点の閉鎖や一時的な操業停止により、労働力が減少し、製品やサービスに対する需要が減少しました。

このような制約は、データ注釈ツール市場にマイナスの影響を与えています。また、GDPの減少に伴い、データ注釈ツール市場の成長にも悪影響を及ぼしています。パンデミック終息後には、経済は回復すると予測されており、今後の市場にも大きな需要が見込まれています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、テキスト、画像・ビデオ、オーディオに分類されます。2020年は、テキストセグメントが高いシェアを獲得しました。テキスト分野は、臨床研究や電子商取引でのデータ注釈ツールの利用が増加していることから、今後も、高いCAGRを示すことが予想されます。また、画像・ビデオセグメントも、著しい成長を示すと予測されています。画像データ注釈の主な用途としては、医療分野でのメディカルイメージングの領域が挙げられます。

データ注釈タイプ別見通し

市場は、データ注釈のタイプ別に、手動、半監視、自動に分類されます。2020年は、手動セグメントが最大シェアを占めました。手動データ注釈とは、生成されたデータセットに人間がアノテーションやラベル付けを行うプロセスを指します。この手法は、自動データ注釈と比較して、データの整合性や精度が高く、データ注釈作業が最小限で済み、将来的にアルゴリズムに組み込むことでデータに関する興味深い洞察を得られる可能性が高く、人気を集めています。しかし、手作業でのデータ注釈はコストと時間がかかるため、クラウドソーシングを利用して収集したラベル付きデータが、様々な用途に利用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]