禁制品探知機の市場規模、2027年に66億米ドル到達予想

禁制品探知機の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.5%で上昇し、2027年には66億米ドルに達すると予想されています。禁制品とは、核物質、武器、爆発物などの違法な物品を指します。禁制品探知機は、隠れた違法品を探知するのに役立つ機器で、固定式と携帯式の2種類があります。

禁制品探知機は、主に政府や軍の地域で国境のセキュリティと安全性を確保するために、空港や地下鉄の駅で荷物全体をチェックし、密輸が発生しやすい地域の保護に利用されています。禁制品探知機は、違法な物質と接触すると、音を出して警備員に知らせます。また、検査の過程で物体の質量密度を測定し、違法な禁制品の密度と、不正な物質が隠されている物品の密度の変動を示します。禁制品探知機は、交通機関、政府施設、国土安全保障など、様々な場所で活用されています。

衣類や空洞に隠された金属や非金属の物体を、ごくわずかな線量の透過放射線で検出するのに役立つセキュリティ用X線機器の需要が高まっていることが、禁制品探知機市場の成長を促しています。また、新たなセキュリティ対策の導入が進んでいることから、X線画像処理技術の需要は高く、市場における禁制品探知機の需要を急増させています。

COVID-19の影響

主要国の政府は、COVID-19の蔓延を抑制するためにロックダウンを実施しています。この渡航禁止措置により、地下鉄や空港などで禁制品探知機の必要性が減少し、市場の成長は鈍化すると考えられます。また、製造業における労働者不足が、制品の生産を妨げていると考えられます。

技術別見通し

市場は、技術別に、X線イメージング、金属検出、分光法・スペクトロメトリー、その他に分類されています。X線スクリーニングシステムを利用して検出される金属および非金属の物質は多種多様です。人やその荷物から起こりうる脅威を検出するために、X線スキャンシステムの開発には莫大な投資が行われています。さらに、コンピュータ断層撮影(Computed Tomography)や後方散乱(Backscatter)を含むX線システムの改良は、市場成長を促進する要因となり、X線技術の市場をさらに強化しています。

導入タイプ別見通し

市場は、導入タイプ別に、固定型とポータブル型に分けられます。2020年は、固定型セグメントが市場を支配しました。ポータブル型セグメントは、2021年から2027年の間にCAGR9.6%を記録すると予想されています。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、交通機関、政府機関、商業施設、小売・eコマース、産業、教育、ホスピタリティ・イベント、その他に分類されています。今後は、小売セグメントが急速に成長すると推定されています。小売用途のセグメントでは、スクリーニング装置や金属探知機のような改良型の禁制品探知機システムへの需要が高まっており、市場の成長を後押しする要因となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]