PPGバイオセンサーの市場規模、2027年に7億5,930万米ドル到達予想

PPGバイオセンサーの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR12.2%で成長し、2027年には7億5,930万米ドルに達すると予想されています。PPGは、人の心拍数をモニターするために利用される、シンプルで合理的な光学的測定方法です。PPGは、皮膚表面の光源と光検出器を利用して、血液循環の体積変化を計算する非侵襲的な技術です。近年、世界中の様々な研究者が、心拍数の推定やパルスオキシメトリの測定値とは別に、PPG信号から価値のあるデータを抽出することに注目しています。

世界的な心血管疾患の増加が、PPGバイオセンサー市場の成長を支えています。世界各国には、何らかの心血管疾患を患っている人が多く存在しており、患者の健康状態を継続的に監視する必要があります。そのため、心拍数や酸素濃度をモニターして、健康状態を保つための様々なヘルスケアシステムやツールが使用されています。

心臓関連の病気は、世界中で死亡例を増加させる大きな原因の一つとなっています。患者の健康状態を定期的にチェックするために、ポータブル、コンパクト、軽量など、さまざまな製品が使用されています。技術の向上に伴い、多くの企業が患者に役立つスマートガジェットを発売しています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生は、社会のあらゆる分野に悪影響を与えました。しかし、一部のセクターでは、プラスの影響が見られます。このパンデミックでは、デジタル技術を使って患者を遠隔地からモニターする重要性が示されました。ウェアラブルデバイスを使用した、病気の特定とモニタリングが必要とされています。

COVID-19の患者は、息切れや心拍数の変動など、特定の症状に悩まされます。また、心拍数や酸素濃度をチェックすることも重要であり、ウェアラブルヘルスケアデバイスの使用が注目されています。これらの機器には、心拍数や酸素濃度などを測定するPPGバイオセンサーが組み込まれており、今後のPPGバイオセンサー市場の成長を後押しします。

製品別見通し

市場は、製品別に、スマートウォッチ、パルスオキシメーター、スマートリストバンド、その他の製品に分類されます。2020年は、スマートウォッチセグメントが最大シェアを獲得し、今後も高いCAGRを記録することが予想されます。睡眠時やスポーツ時などにユーザーの健康状態を把握する消費者向けスマートウォッチでは、PPGバイオセンサーの利用が増加しています。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、心拍数モニタリング、血圧、血中酸素飽和度、その他に分類されます。血中酸素飽和度セグメントは、今後高いCAGRを示すと推定されています。PPGとは、血流の変動を監視するための光学技術のことです。二波長PPGの最も一般的な用途は、動脈の酸素飽和度(SpO2)を検出するパルスメーターです。SpO2と心拍数の測定に利用されるPPGの同じ波長から、ヘモグロビンレベルの相対的な変動を測定することは、PPGの用途を拡大する非常に有用な機能となります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]