小児在宅医療の市場規模、2027年に592億米ドル到達予想

小児在宅医療の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.5%で成長し、2027年には592億米ドルに達すると予想されています。小児在宅医療とは、子供向けに総合施設を提供する医療サービスを指します。この医療サービスは、主に子どもとその家族を対象に、自宅や学校などの非常に落ち着いた快適な環境で治療を提供します。

小児在宅医療は、慣れ親しんだ環境で治療を受けられるため、子どもに好まれる選択肢です。また、子どもの健康状態を改善するだけでなく、子どもの総合的な成長にも貢献します。さらに、ヘルスケアセンターには家族もサポートのために参加します。小児在宅医療のセラピストは、子どもの日々の活動を観察し、改善点を見つけます。両親が仕事をしていると、家族は忙しくなり、日常的にホームヘルスケアを利用する時間が少なくなります。そのため、在宅医療のセラピストは、家族の時間割に合わせて訪問を調整します。

技術の進歩に伴い、医療システムも向上しています。あらゆる慢性的または複雑な病状に苦しんでいる多くの乳幼児や子供が、自分の家で総合的なケアを受けることが可能になりました。小児在宅医療の提供者は、主に医師の直接の監督の下で働く正看護師です。その他、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、医療ソーシャルワーカー、栄養士、准看護師、職業看護師、ホームヘルスエイド、パーソナルケアエイドなどの医療専門家も小児在宅医療に携わることができます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生は、医療システムに悪影響を及ぼしています。小児在宅医療市場は、その製品とサービスに異なる影響を及ぼしました。パンデミックの状況下で、家庭での医療行為の需要を満たすことは、小児在宅医療サービスの市場にプラスの影響を与えています。パンデミック時に病院を訪れる頻度を減らし、その結果、ウイルスの拡散を防ぐことができます。

サービス別見通し

市場は、サービス別に、リハビリテーション療法サービス、高度看護サービス、パーソナルケアアシスタンスに分類されます。2020年は、リハビリテーション療法サービスセグメントが高いシェアを獲得しています。未熟児が神経・筋肉系の障害を持つ傾向が高いことから、今後数年間、リハビリテーション治療サービスの需要が高まると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]