電子設計自動化ソフトウェアの市場規模、2027年に160億米ドル到達予想

電子設計自動化ソフトウェア(EDA)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.8%で成長し、2027年には160億米ドルに達すると予想されています。EDAソフトウェアとは、ソフトウェアのアルゴリズムを指し、集積回路(IC)やプリント基板(PCB)などの複雑な電子システムの設計を可能にします。また、設計者が実用的なインストールの前に、設計の監視、分析、およびシミュレーションを行うのに役立ちます。EDA機能には多くのツールが存在し、チップ設計者が半導体チップ全体を分析・設計するために決定した特定の設計フローにおいて、連携して動作します。現代の半導体チップは数十億個の部品で構成されているため、EDAツールは設計に欠かせない要素の一つとなっています。

EDAソフトウェア市場の成長につながる主な要因として、高度なプロセッサの設計にFinFETアーキテクチャの採用が増えていることが挙げられます。また、AI、IoT、VRの普及や、SoC技術の採用率の上昇も、このソフトウェアの大規模な需要に貢献しています。しかし、オープンソースのEDAソフトウェアが利用可能であることが、市場の成長を妨げると予想されます。電子機器の小型化に対する需要の高まりや、AIや機械学習のEDAへの浸透は、今後、EDAソフトウェア市場のプレーヤーに有益な機会を提供すると考えられます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、EDAソフトウェア市場の成長に多大な影響を与えています。EDA産業の支出は、このパンデミック前の支出状況と比較すると、減少する可能性があります。これは、2020年の半導体産業の収益低下などの複数の要因によるものです。生産ペースの低下や原材料の供給不足は、市場の成長にマイナスの影響を与えます。一方、多くの半導体企業は、政府当局に対し、半導体分野を必須カテゴリーに含めるよう要求しています。この要求が実現されれば、顧客の需要を満たし、業界のサプライチェーンを安定させるために、工場の操業を継続することができます。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、家庭用電化製品、航空宇宙・防衛、通信、自動車、産業、医療、その他に分類されています。2020年は、家庭用電化製品部門が最も高いシェアを獲得しました。これは、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、デスクトップ、カメラなどの家庭用電化製品が常に進歩していることに起因します。また、EDAソフトウェアにより、モデル、手法、ツールに対する要求が満たされることが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]