ビデオ会議の市場規模、2027年に218億米ドル到達予測

ビデオ会議の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR16%で成長し、2027年には218億米ドルに達すると予測されています。ビデオ会議は、さまざまな通信技術を駆使して、映像と音声をリアルタイムで双方向に伝送するコミュニケーション手段です。ビデオ会議技術を利用することで、企業は、迅速な意思決定や、移動時間や移動に伴うコストの削減など、必要な支援を受けることができます。さらに、生産性を向上させながら、全体的な運用・管理コストを最小限に抑えることができます。

ビデオ会議市場の成長は、会議の参加者を識別して認証するための顔認識などの技術の導入が進んでいることにより、促進されます。さらに、クラウドベースのソリューションの利用が拡大していることや、バーチャルリアリティ(VR)が導入されていることも、市場の成長を促進しています。

ビデオ会議市場の成長を後押ししているのは、世界各地で事業を展開する企業のグローバル化に伴うビデオコミュニケーションの需要の高まりです。また、オンライン教育や遠隔医療などの分野では、インド、フィリピン、ブラジルなどの新興国での普及が進んでおり、このようなソリューションの需要を大きく後押ししています。現在、オンラインのセミナーや会議、国際的なワークショップの数が急増しており、これがビデオ会議ソリューションの需要をさらに押し上げると考えられます。

大企業の間では、様々な場所にいる従業員間のコミュニケーションチャネルを確立するために、ビデオ会議ソリューションの採用が進んでおり、大企業セグメントを牽引しています。現在、IT・通信業界では、Cisco SystemsやLogitech S.A.などのサービスプロバイダーと長期契約を結んでいる企業が多く存在します。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックにより、多くの企業が在宅勤務制度を導入したことで、ビデオ会議ソリューションの需要にプラスの影響を与えています。従業員とのコミュニケーションを円滑にし、より効果的に業務を遂行するために、ビデオ会議ソリューションを導入する企業が増えています。パンデミック時のリモートワーク文化は、ビデオ会議ソリューションの需要を急増させており、今後もこの傾向は続くと思われます。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ハードウェア、ソリューション、サービスに分かれています。今後は、サービス分野が大きな成長率を示すことが予想されます。これは、従業員のトレーニング、プロジェクトのコンサルティング、最新のソリューションの導入に関するサービスの需要が高まっていることに起因しています。中小企業では、4GやVoIPなどの先進技術を活用した集中型の通信プラットフォームを構築することで、地理的な範囲を拡大しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]