スマートファクトリーの市場規模、2027年に1,376億米ドル到達予想

スマートファクトリーの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR9.9%で成長し、2027年には1,376億米ドルに達すると予想されています。スマートファクトリーとは、自己最適化や自動化の助けを借りて、設備や機械のプロセスを向上させる概念と考えられています。スマートファクトリーの利点は、商品の物理的な生産にとどまらず、プランニング、サプライチェーン・ロジスティクス、さらには製品開発などの機能にまで及びます。スマートファクトリー市場は、製品タイプ別に、マシンビジョンシステム、産業用ロボットなどがあり、技術別には、SCADA、PLZ、HMIなどがあります。

スマートファクトリーソリューションのベンダーは、食品や飲料のメーカーが作る製品の質と量を高めるソリューションの開発に、日々努力しています。食品・飲料の、製造・加工・包装・流通に携わる企業では、品質の高さに価値を見出しており、自動化技術の助けを借りて、柔軟性に富んだ設計、統合された安全ソリューション、機械制御のためのソフトウェアツールを提供しています。食品メーカーは、従来の製造装置を高度な装置に変えるために多額の投資を行っています。これらの点から、食品・飲料業界では、スマートファクトリー技術や先進的な製造装置の導入率が高くなっています。

スマートファクトリーの自動化では、モーター、センサー、ドライブ、スイッチ&リレーなどのさまざまな種類の制御装置と、有線、無線、RFID(Radio Frequency Identification)などのネットワーク技術が配備されています。MES(Manufacturing Execution System)、IT(Information Technology)システム、PLC(Programmable Logic Control)、ERP(Enterprise Resource Planning)、SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)などの統合システムは、製造施設の特定のニーズを満たすために作られています。これらの産業用制御システムは、プロセスを管理し、製造ラインでの材料の流れを簡素化することができます。また、スマートファクトリーでは、溶接、塗装、重量物の運搬などの製造工程において、多関節ロボット、直交ロボット、SCARA(Selective Compliance Assembly Robot Arm or Selective Compliance Articulated Robot Arm)ロボット、円筒型ロボットなどの産業用ロボットを導入しています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生は、市場全体に悪影響を及ぼし、スマートファクトリーのコンポーネントやソリューションの出荷量を制限し、減益を引き起こしました。しかし、スマートオートメーション、エネルギー、資源の効率化への関心の高まりにより、パンデミック終息後には、早期の回復が予想されます。

産業別見通し

市場は、産業別に、自動車、半導体・エレクトロニクス、化学品・医薬品、食品・飲料、石油・ガス、航空・防衛、医療機器、その他に分類されます。医療機器セグメントは、開発と技術革新によって後押しされており、新しい技術の助けを借りて最先端の機器を開発することで、大きな成果をあげています。医療機器業界では、スマートファクトリーソリューションが、製造プロセス、プランニング、サードパーティサービス、技術評価、リモートサポートの強化を支援し、リコールや廃棄物を削減し、正確な製造により企業の収益性を向上させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]