品質管理ソフトウェアの市場規模、2027年に169億米ドル到達予想

品質管理ソフトウェアの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR9.5%で成長し、2027年には169億米ドルに達すると予想されています。品質管理ソフトウェアは、企業の顧客満足度、業績、競争力に関わる品質問題を整理・管理するのに役立ちます。この管理は、プロセスや製品を監視・規制して品質を保証し、製造方法と最終製品の期待値との間の品質ギャップを最小化し、逸脱を追跡し、コンプライアンスを確認することで可能になります。さらに、品質管理ソフトウェア市場は、人工知能(AI)や機械学習(ML)ツールを用いたソリューションの機能向上が進んでいることから、急速な成長を遂げると予測されています。

品質管理ソフトウェアは、さまざまなビジネスプロセスの合理化に役立つことから、世界中で導入が進んでいます。また、いくつかのソリューションを提供し、企業が業務効率を高め、さらに全体的なコストを最小限に抑えるのに役立ちます。さらに、このソフトウェアは、企業が規範や規制を満たすことを可能にし、市場の成長を促進すると考えられます。一方、市場の成長を妨げる要因として、その導入コストの高さが挙げられます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックによる、生産拠点の一時的な閉鎖や、不要不急な商品やサービスの取引の禁止は、品質管理ソフトウェア市場にマイナスの影響を与えると予測されます。しかし、人々がインターネットを利用してオンラインショッピングをするようになったことで、B2C市場が急拡大しています。

同時に、商品プロファイルの進歩に伴い、商品の出荷量が増加しています。このため、物流企業は、資産、電子商取引、人材への多額の投資により、品質、開発、安全管理基準などに関する成長戦略を進め始めています。このような動きは、今後の輸送・ロジスティクス分野の成長を後押しすると考えられます。

ソリューションタイプ別見通し

市場は、ソリューションタイプ別に、苦情処理、文書管理、監査管理、不適合・修正・予防、変更・校正管理、サプライヤー品質管理、従業員トレーニング、その他に分類されています。校正管理ソリューションは、ライフサイエンスやハイテク分野の制限のある環境において、保守作業と品質プロセスを結びつける重要な役割を果たします。これらのソリューションは、機械のライフサイクルを向上させ、リコール製品の数を最小限にすることで企業のコストを節約します。品質管理ソフトウェアの校正管理ソリューションは、機器の校正プロセスと関連文書を管理し、生産性と効率を向上させます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]