プラスチック製家具の市場規模、2027年に197億米ドル到達予測

プラスチック製家具の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR8.7%で成長し、2027年には197億米ドルに達すると予測されています。プラスチック製家具は、木製の家具が劣化・破損しやすいパティオなどで、椅子やテーブルとして頻繁に使われています。また、ポリプロピレンやポリエチレンなどを原料として開発され、軽量、防水性、耐久性、太陽光による紫外線の影響を受けにくいなどの特徴を持っています。

価格の安さは、プラスチック製家具を購入する際の理由の一つです。PVCは一般的に広く生産されており、手頃な価格で手に入れることができるため、この材質で作られた家具は、アルミ、木、金属などで作られた家具に比べて、比較的安価です。また、耐久性と信頼性にも優れています。

木材は家具の素材として非常に優れています。一方で、多くのバイヤーが木材を敬遠する理由として、シロアリの害に弱く、ニスなどの化学薬品によるメンテナンスが常に必要であることが挙げられます。しかし、プラスチック製家具には、強い耐久性と信頼性があります。それに加えて、プラスチック製家具は、水とワイプクロスで定期的に洗浄する程度で、多くのメンテナンスを必要としません。そのため、レストランなど屋外で使用するのに適しています。プラスチック製家具は、木製家具の弱点である日差しや雨にさらされても、強度を保つことができます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、世界各国の輸出業者に様々な課題をもたらしました。世界中の多くの国や政府がコロナウイルスの感染を抑制するために様々な手段を講じているため、プラスチック製家具の輸出業者においても、これらの課題はしばらくの間続くと思われます。さらに、プラスチック製家具の成長は、ロックダウンや外出禁止措置により抑制されています。このパンデミックは、市場企業の売上を減らし、市場の成長を制限しています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、キッチン家具、リビング・ダイニングルーム用家具、屋外用家具、バスルーム用家具に分類されます。2020年は、キッチン家具部門が突出しており、2021年から2027年のCAGRは7.9 %で成長すると予測されています。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、専門店、モダントレード、Eコマース、顧客への直接販売に分類されます。2020年は、オフラインの流通チャネルが最大シェアを獲得しており、今後も高いCAGRを示すと思われます。消費者は、店頭で実際にそのサイズ感や魅力を体験して、商品を評価する傾向があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]