医療費請求アウトソーシングの市場規模、2027年に247億米ドル到達予想

医療費請求アウトソーシングの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR13.4%で成長し、2027年には247億米ドルに達すると予想されています。医療機関や組織の請求業務を外部に委託することを、医療費請求アウトソーシングといいます、この仕組みを利用することで、医療機関や病院、クリニックは、患者の治療や施設の管理など、本来の業務に専念することができます。また、返済額の減少に対応するために、複雑な蓄積プロセスを簡素化することもできます。

医療費請求アウトソーシング市場では、ミスのない処理と社内処理コストの最小化に対する要求が高まっており、市場を牽引する要因となっています。医療機関では、保険金や償還金の管理に多くの課題があり、組織に大きな損失をもたらすことがあります。このような損失を減らすために、医療費請求アウトソーシングの導入が進んでおり、市場の成長を促しています。さらに、刻々と変化する医療ルールや規制、すべての記録を残すことが連邦政府から義務付けられていることも、市場の需要を押し上げていると考えられます。

医療分野で行われた合併・提携・買収の増加により、医療費請求プロセスはより複雑になっています。患者の情報はほとんどが不正確で、すべての関係者と簡単に共有することができず、増加する煩雑な作業は医療提供者に混乱をもたらしました。デジタル注文管理は、医療機関が臨床情報と財務情報を別々に自動入力し、簡単に利用できる1つの医療請求管理システムに統合することで、この課題に取り組むことを支援します。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生は、医療費請求アウトソーシング市場の成長にプラスの影響を与えています。これは、医療分野における、テクノロジーの優位性が高まったことによるものです。このパンデミックにより、医療を含むあらゆる産業でデジタル化が進み、市場の成長がさらに加速しました。

COVID-19パンデミックにより、積極的かつ拡張性・反応性の高いデジタルヘルスケアインフラを開発する必要性が高まっています。そのため、企業は、デジタル化の導入や、請求書や会計などの非中核業務のアウトソーシングなど、さまざまな方法を選択しています。デジタル化への急激な変化は、医療費請求アウトソーシング市場の成長に直結しています。

また、COVID-19感染者の増加に伴い、医療機関はパンデミックに対応するために、コア業務である医療施設の提供に集中し、その他の非コア業務はすべてアウトソーシングする必要性が生じています。このことが、パンデミック時の医療費請求アウトソーシング市場の成長と需要をさらに後押ししています。

サービス別見通し

市場は、サービス別に、フロントエンド、バックエンド、ミドルエンドに分類されます。今後は、ミドルエンドサービスが、最も高いCAGRを獲得すると推定されます。この成長は、新規参入や医療従事者の意識向上などによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]