医療用AIDCの市場規模、2027年に528億米ドル到達予想

医療用AIDC(自動識別・データ取得)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR22.1%で成長し、2027年には528億米ドルに達すると予想されています。AIDCは、対象物のデータを認識・収集し、直接コンピュータシステムに送り込むことができる技術と考えられています。この技術に、人の介入は一切必要ありません。QRコード、バーコード、虹彩・顔認証システムなどの生体認証、磁気ストライプ、RFID(Radio Frequency Identification)、スマートカード、OCR(Optical Character Recognition)、音声認識などの技術がAIDCの領域に含まれます。

医療用AIDC技術の導入は、エラーのないデータ収集を実現し、患者の安全性を高めることにつながります。投薬ミスを防ぎ、医療費を削減する必要性から、医療用AIDCの需要が高まり、市場の成長が促進されると予測されます。さらに、患者の安全性に対する関心の高まり、技術革新、バーコードやRFID技術の使用に対する政府の支援などが、医療用AIDC市場の成長につながっています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、世界各国の医療用AIDCの売上にプラスの影響を与えています。これは、ヘルスケアのエコシステムに存在するプレイヤーに機会と課題の両方をもたらしました。あらゆるシステムのデータベースにアクセスするためには、個人の顔と指紋を正確に認識する必要があります。個人が明確な識別基準のいずれかを持っていない場合、データベースへのアクセスは失敗する可能性があります。バイオメトリクスのこうした付加的なセキュリティ機能は、医療用AIDC市場に成長の機会を提供します。COVID-19により、各国は医療費やインフラの増強を余儀なくされています。これは、ヘルスケア用AIDC製品およびサービスの市場の成長を促進すると期待されています。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されます。2020年は、ハードウェアセグメントが、市場をリードし、最大シェアを獲得しました。これは、生体認証技術の導入が進んでいることなどによるものです。医療用AIDCにおいて、スキャナー、リーダー、プリンター、カードなどのハードウェアベースのコンポーネントの必要性が高まっています。市場競争の激化により、RFIDソリューションがコスト効率よく利用できるようになりました。

技術別見通し

市場は、技術別に、バイオメトリクス、RFID、バーコード、その他に分類されます。バーコードは、特に医療用産業において非常に適応性の高い技術です。食生活の管理、受精卵の追跡、輸血の検証、投薬管理、実験室での検体の識別、検証などに応用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]