機能性食品の市場規模、2027年に2597億米ドル到達予想

機能性食品の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR8.5%で成長し、2027年には2597億米ドルに達すると予想されています。機能性食品とは、人の健康増進に役立つように改良された食品のことです。病気を治すことはできませんが、栄養素やタンパク質を提供することで体の健康を増進し、致命的な病気のリスクを減少させることが報告されています。

機能性食品を摂取することで、生理的に健康な状態を維持することができます。機能性食品とは、単に栄養価が高いというだけではなく、さまざまな健康上のメリットをもたらす成分を含みます。例えば、栄養不足を解消したり、病気を予防したり、理想的な成長・発達をサポートしたりすることができます。機能性食品の中には、健康増進を目的としたサプリメントやその他の成分を含むものもあります。

機能性食品市場の成長は、栄養価の高い食品添加物の需要により加速されます。食品・飲料業界のメーカーは、オメガ3脂肪酸、ミネラル、ビタミン、繊維などの栄養添加物を製品に配合しています。

COVID-19の影響

COVID-19の影響で、免疫力やストレス管理などのウェルビーイング効果をもたらす機能性食品への関心が高まりました。COVID-19の発生から1年が経過し、健康問題への関心が急激に高まっています。これは、ウイルスの影響により、人々の健康やウェルネスに対する考え方が大きく変わったことを意味します。

致命的なCOVID-19感染から身を守るために、人々は、免疫力を高める健康的な食品を取り入れることに注視するようになりました。多くの消費者は、機能性食品やその他の関連製品を選択しています。このように、COVID-19は、機能性食品市場にプラスの影響をもたらしました。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、カーディオヘルス、スポーツニュートリション、クリニカルニュートリション、体重管理、その他に分類されます。2020年は、カーディオヘルスが最高シェアを獲得し、主要セグメントとして浮上しました。心血管疾患、動脈硬化、うっ血性心不全、先天性心疾患など、さまざまなタイプの心血管疾患における機能性食品の需要が高まっているため、同セグメントの成長が期待されます。

製品別見通し

市場は、製品別に、乳製品、肉・魚・卵、ベーカリー・シリアル、大豆製品、油脂、その他(魚・卵、肉、大豆製品、油脂)に分類されます。ベーカリー・シリアルセグメントにおける新たな開発が、市場の需要を細分化しています。エナジーバー、プロテインバー、ニュートリションバーなどの機能性スナックやシリアルバーの需要が増加し、今後の市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]