デジタルツインの市場規模、2027年に635億米ドルに到達予想

デジタルツインの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR41.7%で成長し、2027年には635億米ドルに達すると予想されています。デジタルツインは、製造業、農業、エネルギー・公益事業、ヘルスケア、自動車など、さまざまなエンドユース産業で活用されおり、近年、多くの企業が、特定のビジネス分野向けにさまざまなソリューションを導入しています。例えば、自動車会社のVolkswagen AGでは、ウォルフスブルクのPre-Series Centerで働く従業員が、3Dモデルの助けを借りて、世界各国の工場でのプロトタイプ組み立て作業をサポートしています。

COVID-19パンデミック後、企業は最小限の人員で運営することを余儀なくされており、プロセスの合理化のために、自動化に移行する企業が増えています。このことから、デジタルツインプラットフォームの需要は今後数年間で拡大すると予想されます。

インダストリー4.0の導入が進んでいることから、デジタルツイン市場は今後数年間で大きな成長を遂げると予想されます。インダストリー4.0とは、第4次産業革命のことで、製造業をはじめとするさまざまな産業で、自動化、データの取得、交換に焦点を当てた新たなトレンドとして採用されています。製品をデジタルで表現するためには、IoTのような高度な技術が重要です。インダストリー4.0では、デジタルツインは、製造技術をIoTのような先進技術と統合し、相互に接続された製造システムを開発するのに有用です。デジタルツイン技術は、企業がインダストリー4.0の基準を実現するための理想的なソリューションと考えられます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、最終用途および製造業の成長にマイナスの影響を与えています。石油の需要が減少傾向にあるため、需要と供給の間に大きなギャップが生じています。デジタルツインテクノロジーの主要なエンドユーザーは、自動車・輸送、エネルギー・電力、航空宇宙・防衛の各業界です。パンデミックが発生すると、多くの国では国境を越えた取引が制限され、これらの流通経路が機能しなくなります。一方、ポストCOVID-19の時代には、プロセスのデジタル化がブームになることが予想されます。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、システム、プロセス、製品に分けられます。2020年は、システムセグメントが最大シェアを獲得しました。これは、システム用デジタルツインが、多様なアプリケーションで使用されていることに起因しています。例えば、航空宇宙・防衛分野のLOCOMACHSでは、航空機の翼の組み立てライン全体にデジタルツインを導入し、パフォーマンスのモニタリングに役立てています。

産業別見通し

市場は、産業別に、自動車・輸送、住宅・商業、ヘルスケア・ライフサイエンス、製造、エネルギー・電力、農業、小売・消費財、その他に分類されます。2020年は、自動車・輸送部門が高い収益シェアを獲得しました。これは、設計、生産、シミュレーション、MRO(メンテナンス、修理、オーバーホール)、アフターサービスなどの分野でデジタルツインの利用が拡大していることに起因しています。自動車・輸送分野は、COVID-19パンデミック後に高い成長が期待できる産業の一つです。これは、業界のプレーヤーが、パンデミックによる損失を軽減するために、エンドツーエンドのオペレーションにデジタルソリューションを採用する傾向があるためです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]