調理器具の市場規模、2027年に186億米ドル到達予想

調理器具の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR13.6%で成長し、2027年には186億米ドルに達すると予想されています。調理器具とは、フライパンや鍋など、料理に使用するさまざまな種類の容器や器具を指します。クックウェアはコンロなどの調理台で使用され、ベイクウェアはオーブンで料理を焼く際に使用されます。また、クックウェアとベイクウェアの両方の機能を持つ道具もあります。

市場には様々な調理器具やベーカリーがあります。形状、材質、内面などが異なり、その素材には、熱伝導に優れたものと、熱を逃がさないものがあります。鍋とその蓋の持ち手は、ベークライト、プラスチック、木など、熱伝導率の低い素材で作られています。そのため、オーブン用の手袋を使わなくても簡単に扱うことができます。

技術の進歩と、焦げ付かない調理器具の導入が、市場の成長を後押しすると期待されています。また、市場競争力が、メーカーに独自の機能を備えた新製品の開発を強いることになります。メーカーは、消費者を惹きつけるために、傷がつきにくく、熱分布が均一で、油の消費量が少ないノンスティック調理器具を提供しています。調理器具市場の主要メーカーは、研究開発と新しいイノベーションを優先しており、焦げ付き防止加工を施したフライパン、ローストパン、ストックポットなどの調理器具の消費が拡大しています。

COVID-19の影響

COVID-19状況下で、調理器具やベーカリーの需要が急増しています。これは、人々が自宅にいることが多く、家で料理をすることを余儀なくされている事に起因しています。また、オンラインショッピングの増加と、健康とウェルネスへの関心により、家庭での調理機会が増え、売上が増加しています。その結果、多くの消費者がブランド調理器具に投資するようになりました。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、住宅用と商業用に分類されます。2020年は、住宅用セグメントが圧倒的に多く、2021年から2027年の間にCAGR13.3%で成長すると予測されます。商業用セグメントは、同期間に14.2%のCAGRで成長すると予想されています。

製品別見通し

市場は、製品別に、鍋・フライパン、スプーン、中華鍋、スープレードル、泡立て器に分類されます。2020年は、鍋・フライパンセグメントが、市場を支配し、2021年から2027年の間にCAGR12.9 %で成長しています。スプーンセグメントは、同期間CAGR11.9%、さらに、中華鍋セグメントは、CAGR15%で成長すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]