建築サービスの市場規模、2027年に4,700億米ドル到達予測

建築サービスの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR4.7% で成長し、2027年には4,700億米ドルに達すると予測されています。先進国や新興国では急速な都市化が進んでおり、商業、住宅、公共の分野で建物の設計や建築サービスが継続的に向上しています。

建築記述言語、CAD図面、プロジェクト設計は、大量の需要により増加しているエンジニアリングサービスのアウトソーシングの一例です。それに加えて、先端技術であるVRやARの導入も建築設計に大きな役割を果たしています。さらに、建築事務所には、クライアントとのコミュニケーションによって新しいアイデアやコンセプトを提供するバーチャルリアリティに似た利点があります。先進的なソリューションには、3Dスキャン技術、3Dモデリング、ハイエンドの設計ソフトウェアなどがあり、今後の市場の成長を後押ししています。

建築におけるテクノロジーの役割はユビキタスなものです。デジタル時代も進化しているため、大規模な需要が見込まれています。VRやARなどのデジタル技術の進歩は目覚ましく、建築物の設計において重要な役割を果たすことが予想されています。また、持続可能な建築は重要な利点をもたらし、新たなビジネスの道を開くことから、グリーンビルディングへの需要が高まっています。これらの要因は、市場における建築サービスの需要を促進しています。さらに、投資収益率も大幅に改善され、賃貸による入居率もかなりの割合で増加しています。同様に、運営コストにおいても重要な節約が可能であると予想されます。基本的なバイオクライマティックデザインとコンセプトエンジニアリングによる建物建設の需要が、市場の成長を高めています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックにより、検査結果、患者、死亡者の追跡が必要になりました。これにより、インフラ整備への投資が促進され、スマートシティにおける先進技術の導入が増加しています。米国のロサンゼルスやニューオーリンズでは、COVID-19のトレンドを把握するためにPower BIなどのツールが使われています。また、中国政府は新インフラ構想プログラムを活性化させ、スマートシティ技術への投資を拡大しています。スマートシティは、大規模なインフラプロジェクトの一つであり、プロジェクトの実行可能性やリスク分析を理解するために、包括的なフィージビリティチェックを必要とします。そのため、専門的な知識が必要とされており、この状況下で、プロジェクト開発を効率化する建築サービスは、望ましい選択肢となっています。

サービスタイプ別見通し

市場は、サービスタイプ別に、建設・プロジェクト管理サービス、建築アドバイザリーサービス、インテリアデザインサービス、都市計画サービス、エンジニアリングサービス、その他に分類されます。2020年は、建設・プロジェクト管理セグメントが最高シェアを獲得し、この傾向は、今後も継続すると思われます。契約交渉、プロジェクト管理、品質管理、工事設計、リスク分析などには、専門家の意見が必要となります。そのため、専門的なプロフェッショナルやチームがあらゆるプロジェクトに携わることで、業界の成長に貢献します。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、産業、政府、ヘルスケア、住宅、小売、ホスピタリティ、教育、その他に分類されています。2020年は、産業分野が最大となりました。テクノロジーの採用と急速な工業化は、産業部門におけるこれらのサービスの採用を促進する重要な側面です。また、各国での工場、事業所、配送センターの拡張計画により、産業部門でのエンジニアリングおよび建築サービスの需要が増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]