ヘルスケアITの市場規模、2027年に1,251億米ドル到達予想

ヘルスケアITの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.7%で成長し、2027年には1,251億米ドルに達すると予想されています。近年、ヘルスケア業界では、新しいテクノロジーの登場により変革が起きています。病院や医院などの大規模な医療施設では、変化する法規制への対応や、患者ケアの質を高めるために、これらの最新技術を導入しています。現在、ハイテクを駆使したオペレーションにより、熟練した専門家の手に近代的な技術が委ねられています。しかし、病院やその他の医療機関が最先端の技術を採用し、利用する機会はまだまだたくさんあります。

ヘルスケアITの需要は、患者データ量の増加、技術的ノウハウの急増、迅速かつ効果的な医療プロセスとシステムの要求に比例します。これに加えて、ヘルスケアIT市場の成長を促す主な要因としては、患者の安全性とデータの正確性に対する要求の高まり、医療費削減の要求、医療機関でのヘルスケアITの利用を支援するいくつかの医療政策の導入などが挙げられます。

ITサービスの採用は、高齢者人口の増加、複雑な治療およびケアのための病院ツールのコスト上昇、より優れた在宅医療サービスへの需要の高まりにより、後押しされると考えられます。また、糖尿病、癌、心不全などの慢性疾患の増加に伴い、ヘルスケア業界におけるITベースのサービスの需要が高まっています。さらに、医療施設でのエラーの減少、運用コストの削減、成功率の向上など、ヘルスケアITが提供するさまざまなメリットが市場の成長を後押ししています。各国政府が医療制度の整備や既存施設へのITソリューションの導入を支援していることも、ヘルスケアIT市場の拡大に重要な役割を果たしています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの世界的な流行は、ヘルスケアIT市場にプラスの影響を与えると考えられます。ロックダウン規範や渡航制限、不要不急な理由での受診の禁止、感染を恐れて診察を避ける患者の傾向などが相まって、デジタルヘルスケアサービスは需要があります。パンデミックの際には、対面ではなく、遠隔診療の導入が進んだことで、世界のヘルスケアIT市場は拡大しました。さらに、COVID-19陽性患者の数が世界的に増加していることから、患者情報、財務分析、医療レポートなどに関するビッグデータの維持・保存が求められています。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、電子カルテ、臨床情報システム、臨床検査情報システム、電子処方システム、PACS、遠隔医療、コンピュータ化されたプロバイダーオーダーエントリーシステムに分類されます。電子処方システムは、今後、急速に成長すると考えられます。これは、より良い患者ケアへの要求が高まり、医療ミスや処方ミスの割合が減少していることが背景にあります。また、診療所や病院などの医療機関におけるHER(電子医療記録)の導入が進んでいることや、調剤される処方箋の数が急増していることも、この分野の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]