生体吸収性ステントの市場規模、2027年に4億2,920万米ドル到達予想

生体吸収性ステントの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR6.9%で成長し、2027年には4億2,920万米ドルに達すると予想されています。ステントとは、血管を拡張し閉塞を防ぐ目的で体内管に埋め込まれるデバイスです。生体吸収性ステントは別名自然溶解型ステントとも呼ばれています。このステントは、体内に吸収されやすい素材を用いて開発されており、疫病の沈着により発生した血管や内管の閉塞を解消するために、血管の拡大に不可欠な役割を果たしています。

生体吸収性ステント市場は、高齢者人口の増加、心血管疾患の有病率の上昇、経皮的冠動脈インターベンション(PCI)手術の急増、患者や医師による生体吸収性ステントの適応の増加により、成長が期待されています。さらに、ステント技術の絶え間ない発展、低侵襲手術の需要の大幅な増加、生体吸収性ステントの開発・製造に対する政府の取り組みなどが、市場の成長を促進する要因となっています。

生体吸収性ステント市場の成長のきっかけの一つに、運動量の少なさや不健康な食生活に起因する、心血管疾患の増加があります。世界保健機関(WHO)によると、年間約1,750万人が心血管疾患により死亡しています。生体吸収性ステントは、血管の閉塞など心臓の異常を治療するために使用されているため、その患者数の増加に伴い、需要が大幅に増加しています。これらの要因により、今後数年間、生体吸収性ステントの成長と採用が急増すると予想されます。

COVID-19の影響

ハーバードヘルススクールによると、毎年約200万の人が冠動脈ステントの手術を必要としています。COVID-19パンデミックは、冠動脈ステント市場に様々な形で影響を与えています。パンデミックは、医療機器の製造に混乱を引き起こしています。生体吸収性ステントのメーカー、手術センター、病院、およびこれらの医療機器のサプライチェーンに関連する企業は、政府の厳しい規制に耐え、製造プロセスを継続しなければなりません。

サプライチェーンの混乱により、これらの医療機器が入手できなくなり、ステントの製造に必要なプラチナやコバルトなどの原材料の調達と供給は深刻な影響を受けています。医療機器製造会社は各国に本社や製造工場を持っているため、需要とサプライチェーンの間にギャップが生じる可能性があります。

生体材料別見通し

市場は、生体材料別に、高分子材料と金属材料に分類されます。今後は、金属材料が、大きな成長率を示すと考えられます。メタリックステントは、経皮的腎瘻造設術に代替ソリューションとして使用されており、需要を伸ばしています。

用途別見通し

市場は、用途別に、冠動脈疾患と末梢動脈疾患に分類されます。2020年は、冠動脈疾患セグメントは最も高い成長率を示し、今後も市場を支配すると考えられます。これは、高齢者人口の増加、糖尿病の発生の急増、運動量の減少などに起因しています。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、病院と心臓センターに分けられます。2020年は病院セグメントが最も急速に成長しており、今後も市場をリードすると考えられます。これは、心臓疾患が急増していることと、様々な治療方法へのアクセスが可能になったことに起因しています。一方、心臓センターセグメントは、大きな成長率を示すと予測されます。これは、冠動脈疾患の増加、心臓病の術後ケアコストの削減、および心臓病患者の急増によるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]