抗凝固拮抗薬の市場規模、2027年に16億米ドル到達予想

抗凝固拮抗薬の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR13.3%で成長し、2027年には16億米ドルに達すると予想されています。抗凝固剤拮抗薬とは、抗凝固剤を摂取している重度の出血性疾患に苦しむ患者の管理のための医療処置です。抗凝固剤拮抗薬は、患者が服用している抗凝固剤の種類によって異なります。しかし、大部分の抗凝固剤は、血栓塞栓症のリスクを高める可能性があります。したがって、これらの薬剤は、重度の出血や生命を脅かす出血の場合にのみ使用すべきです。また、不測の事態を避けるために、抗凝固剤を服用している患者のモニタリングを徹底して慎重に行う必要があります。

血友病AおよびB、血栓、フォンウィルブランド病(VWD)は、一般的な出血性疾患です。全米血友病財団(NHF)によると、米国では約3万から3万3,000の人が血友病に罹患しており、そのうち約60%が急性血友病です。CDCの推計によると、年間約400人の赤ちゃんが血友病Aで生まれています。フォンウィルブランド病は、100人に1人の割合で発症する出血性疾患です。出血性疾患は、血液の凝固に影響を与えるほか、患者の体内から好ましくない出血を引き起こすこともあります。これらの血液関連疾患は抗凝固剤を必要とするため、出血が抑えられない場合に備えて、抗凝固剤拮抗薬の需要がさらに高まります。

COVID-19の影響

COVID-19の突然の発生により、COVID-19感染症を中心とした研究開発活動が活発化しており、抗凝固拮抗薬に大きな影響を与えています。例えば、2020年にAmerican Journal of Cardiovascular Drugsに掲載された論文によると、COVID-19患者に対する第Xa因子阻害剤の効果を評価するために、約10件の臨床試験が進行中であることが明らかになりました。また、重症のCOVID-19患者の治療に有用なこれらの薬剤の非経口投与を開発するための研究が続けられています。したがって、COVID-19のパンデミックは、抗凝固剤市場の成長を促進すると思われます。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局に分類されます。2020年は、小売薬局が高いシェアを獲得しました。小売薬局は、専門薬局とその他の小売薬局が含まれます。専門薬局は、今後の薬局ビジネスにおいてかなりのペースで成長すると予想されます。さらに、発展途上国において、小売薬局の普及が進んでいることも、このセグメントの成長を後押ししていると考えられます。

製品タイプ別見通し

市場は、製品タイプ別に、イダルシズマブ、アンデキサネットアルファ、プロトロンビン複合体濃縮物、フィトナジオン、プロタミンなどに分割されます。2020年の世界市場では、イダルシズマブセグメントが最も高いシェアを獲得しており、今後も同様の傾向を示すと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]