アムラエキスの市場規模、2027年に518億米ドル到達予想

アムラエキスの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR4.7%で成長し、2027年には518億米ドルに達すると予想されています。アムラはインディアングーズベリーとも呼ばれる果実で、学名はフィランサスエンブリカと呼ばれています。他にも、エンブリック、エンブリックミロバラン、ミロバラン、マラッカツリーなど多くの名前があります。アムラの定期的な摂取は、肌や眼に良く、他にも様々な健康効果が得られます。さらに、血糖値や脂質の改善、強い免疫システムの構築にも役立ちます。アムラは、ピクルスやキャンディーなどの形で、効果的に摂取することができます。

アムラエキスは、様々な抗炎症作用を持つエッセンスです。アムラは、胃酸レベルを低下させ、炎症を抑える働きがあります。また、アンチエイジング効果のある食品としても知られています。アムラにはビタミンCが豊富に含まれおり、免疫力を高め、咳や風邪などの原因となる細菌やウイルスを防ぐのに役立ちます。また、アムラに含まれるポリフェノールは、がん細胞の成長を防ぐのに役立ちます。このように、アムラの抽出物には高い薬効があります。

化粧品、食品・飲料、パーソナルケア、医薬品などの多くの分野で、アムラ製品は幅広く利用されています。市場は、アムラ抽出物の大々的な使用によって促進されます。さらに、ここ数年、製薬業界でアムラの使用が一般的になってきており、主要プレイヤーが優位性を高めるため、新たな成長の道が開かれます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの影響で、人々は自然で栄養価の高い食品を好むようになりました。多くの専門家や医師は、人々に食事のパターンを変えるよう提案しています。そのため、栄養価の高い食品や免疫力を高める食品の需要が急増しています。アムラエキスには様々な効果があり、市場に出回っている免疫力を高める製品の一つです。そのため、健康的なライフスタイルを維持するために、人々は様々な形でアムラエキスを摂取しています。このパンデミックは、アムラエキス市場にプラスの影響を与えており、今後もこのような傾向が続くと考えられます。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、食品・飲料、パーソナルケア・化粧品、医薬品、栄養補助食品、その他に分類されます。2020年は、食品・飲料分野が高いシェア占めました。これは、消費者の需要を満たすため、製品の開発が進んでいることが要因となっています。また、世界人口の増加と健康的な製品に対する需要の高まりが、アムラエキス市場の成長を促進すると考えられます。多くの主要企業がアムラ製品を発表し、プロモーションやマーケティング戦略に取り組んでおり、市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]