2次元バーコードリーダーの市場規模、2027年に107億米ドル到達予想

2次元バーコードリーダーの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR6.6%で成長し、2027年には107億米ドルに達すると予想されています。2次元(2D)バーコードリーダーとは、2次元バーコードにエンコードされた情報を読み取るための装置で、固定型と携帯型の2種類があります。

インターネットの普及に伴い、デジタルショッピングはより便利になり、世界各国の消費者の間で人気を博しています。無線技術の導入により、デジタルショッピングへの移行が強化されています。バーコードスキャナーは、高速の無線ネットワークと統合されており、小売店での長い待ち時間を短縮するのに役立ちます。また、自動課金システムを組み合わせることで、買い物のプロセスを透明化、迅速化、効率化すると同時に、消費者の満足度を高めることができます。これらの要因により、企業は2次元バーコードベースのシステムを選択するようになり、市場の成長を促進しています。

2次元バーコードリーダー市場は、今後も成長することが見込まれています。2次元バーコードは、価格、画像、数量、ウェブアドレスなど、多様な情報にアクセスできるため、多くの産業で利用が拡大しています。2次元バーコードリーダーは、1次元バーコードと2次元バーコードの両方をスキャンすることができます。また、その正確かつ迅速なスキャン能力の高さから、請求書作成などの取引プロセスを高速化し、顧客体験を向上させることができます。その特徴として、画面上、印刷物上、上下から、左右からと、さまざまな形でバーコードを読み取ることができます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、さまざまな産業に悪影響を与えました。世界全体で、センサー、制御、オートメーション産業は、このパンデミックによる悪影響を受けています。オートメーション分野への設備投資は、パンデミックの状況下で、今後数ヶ月から数年のうちに停止する可能性があります。しかし、これが転換点となり、パンデミック後の業界に、ロボットや自動化の導入が進むことが予測されます。IoT、産業用オートメーション、デジタル化は、Tier1メーカーにとってますます重要なものになります。

製品タイプ別見通し

市場は、製品タイプ別に、携帯型と固定型に分類されます。携帯型と固定型のバーコードリーダーは、異なる価格帯で多数販売されています。そのため、購入者は、特有のアプリケーションなどオプションを比較し、より条件の良い価格を選ぶことが出来ます。例えば、小売業のバイヤーは、アクセス性と柔軟性を確保するために、携帯型リーダーを好む可能性があります。一方、産業界のバイヤーは、過酷な条件に耐え、性能を落とさない、堅牢なスキャナーを選ぶ可能性があります。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、ウェアハウス、ロジスティクス、Eコマース、ファクトリーオートメーション、その他に分類されます。電子商取引や小売店の増加に伴い、バーコードリーダーの導入が進むと予想されます。物流会社や運送会社は、バリューチェーン全体のリソースを正確に把握する必要があります。2次元バーコードリーダーには、高い効率性や高精度なスキャンなどの多くの利点があり、厳しい物流環境におけるバーコードリーダーの需要を押し上げることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]