スマートチケットの市場規模、2027年に211億米ドル到達予測

スマートチケットの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR15.6%で成長し、2027年には211億米ドルに達すると予測されています。スマートチケットシステムとは、電子形式のチケットをマイクロチップに安全に保存するシステムを指します。スマートカードとは、マイクロチップが内蔵されたペッパーカードのことです。スマートチケットシステムを導入することで、不正行為からの保護や、事前に乗車した場合のクレジットや乗車券の提供、長蛇の列の削減など、様々なメリットが得られます。また、事業者や販売者は、人々の需要からカスタマイズされたチケットを提供し、特定のニーズを満たすことができます。

運輸業界では、スマートチケットシステムの導入が進んでいます。幅広いスマート技術を効果的に活用することで、スマートチケット市場の成長が期待されています。さらに、観光・旅行業界での技術の応用が拡大していることや、ユーザーが自由に管理でき、あらゆる年齢層の人が簡単にアクセスできるシステムにより、市場の見通しは明るいと言えます。加えて、各国政府は、民主化やキャッシュレス化などの施策を展開しています。この要因により、今後のスマートチケット市場には、有益な成長機会がもたらされると予測されます。一方、効率的な運用に必要とされる、集中管理されたオペレーションユニットの価格が高いことが、市場の成長を抑制しています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックにより、欧州地域は多大な影響を受けました。交通機関には、厳しい規制が課せられ、多大な経済的負担を強いられています。閉鎖規制が緩和され、営業が再開されたことで、公共交通機関は、食品サプライチェーンや医療などの必須産業の人々のために運行を開始しました。それに加えて、多くの基準が緩和され、輸送サービスが制限付きで許可されました。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されます。今後は、サービス分野が、最大の成長率を示すと予測されます。これは、乗客の旅行体験を向上させるため、発券サービスのデジタル化が進んだ事に起因します。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、駐車場・交通機関とスポーツ・エンターテイメントに分けられます。駐車場・交通機関タイプは、さらに道路、鉄道、航空、その他に分けられます。交通機関では、スマートチケットソリューションが広く利用されており、旅行者は非接触型のデビットカードやクレジットカードを使って交通機関のチケットを購入、保存、確認することができます。チケッティングソリューションには、顧客満足度の向上、コスト削減、ビジネスインテリジェンスなどの大きなメリットがあります。これにより、交通機関でのスマートチケットソリューションの導入が促進されると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]