PaaS(Platform as a Service)の市場規模、2027年に1,673億米ドル到達予想

PaaS(Platform as a Service)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR16.4%で成長し、2027年には1,673億米ドルに達すると予想されています。PaaSとは、特定の協同組合が顧客にステージを提供し、顧客がビジネスアプリケーションの開発、実行、監視を行うことができるようにするクラウドコンピューティングサービスのことで、一般的にプログラミング開発のようなフレームワークの組み立てや管理を必要としません。

設計者の作業効率を高めることができるのは、PaaSの大きなメリットです。PaaSビジネスは、迅速な開発をサポートし、有用性をより早く、より連続的に伝えることで、ビジネスの活性化を直接的に支援します。PaaSのフレームワークは、一般的にセキュリティや情報保険に導入され、補強や複製などの機能を持ちます。これにより、セキュリティを強化し、社内セキュリティの負担を減らすことができます。PaaSを利用することで、設計者は別のアプリケーションを開発・実行するために社内の機器やプログラミングを導入する必要がなくなります。

オンプレミスのアプリケーションを作成、実行し、インストールすることは、複雑でコスト、時間のかかる作業です。これらのアプリケーションには、データベース、ミドルウェア、ハードウェア、オペレーティングシステム(OS)、Webサービス、その他のソフトウェアが必要となります。さらに、すべてがスムーズに機能するためには、データベース、システム、ネットワーク管理の専門家が必要となります。ビジネスに変化があれば、アプリケーションも変える必要があり、開発、テスト、インストールといった複雑なサイクルが発生します。PaaSは、アプリケーションの作成、テスト、実行、インストールに必要な、インターネット上の完全なインフラを提供します。ユーザーは、クラウド上で開発された顧客のアプリケーションにアクセスすることができ、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)やIT部門は、複雑なインフラを管理する代わりにイノベーションを目指すことができます。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、アプリケーションPaaS(aPaaS)、インテグレーションPaaS(iPaaS)、データベースPaaS(dbPaaS)、その他に分類されます。アプリケーションPaaS(APaaS)セグメントは、今後も高いシェアを獲得すると考えられます。aPaaSは、あらゆるセキュリティパラメータを満たしながら、近代化への取り組みを提供することができ、多くの政府機関に受け入れられています。

デプロイメント別見通し

市場は、デプロイメント別に、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドに分類されます。2020年は、パブリッククラウドが高いシェアを獲得すると予想されます。パブリックPaaSの導入が進むことで、パブリッククラウドセグメントが急速に増加しています。データ復旧の範囲が広く、さまざまなプラットフォームでアプリケーションを実行するために、OS、ミドルウェア、ハードウェア、ソフトウェアなどのインフラを提供します。

業種別見通し

市場は、業種別に、BFSI、IT・通信、ヘルスケア、小売・eコマース、政府・防衛、エネルギー・公益事業、製造、その他に分類されます。今後は、製造業が高いシェアを獲得すると考えられます。製造業では、迅速な納品や生産量の増加に対する要求が急速に高まっています。クラウドテクノロジーは、このような需要に応えるために製造企業を支援します。製造業では、コンピューティングやコネクティビティの変化に柔軟に対応する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]