MRIコイルの市場規模、2027年に133億米ドル到達予測

MRIコイルの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.6%で成長し、2027年には133億米ドルに達すると予測されています。MRI(磁気共鳴イメージング)は、非侵襲的なイメージング手法であり、柔軟な設定が可能で、体内の軟部組織間の優れたコントラストを得ることができます。また、MRIは医療分野で広く使われている診断ツールであり、この概念は広く知られていますが、工学や物理学での利用はそれほど一般的ではありません。様々なコントラストや情報を得ることができるため、非常に強力な断層撮影技術の一つであり、主に臨床分野で利用されています。MRIは、分子の拡散、化学物質の濃度、速度などに限らず、すべて試料の画像で局所的に評価することができます。

MRIコイル市場の発展は、癌、神経疾患、心血管疾患、泌尿器疾患などの慢性疾患の増加が要因となっています。米国では、成人の約半数が慢性疾患を患っており、医療費の75%以上が慢性疾患の治療に費やされています。また、早期診断に関する意識の高まりも、市場の成長を後押ししています。癌や心血管疾患の増加に伴い、世界各国の政府や医療機関が、これらの疾患に関する人々の意識向上に努めており、こういった意識の高まりも、今後のMRIとMRI用コイルの採用を促進すると予測されます。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、心臓血管、脊椎・筋骨格、神経学、乳房、小児、腹部、その他に分類されます。2020年は、神経学セグメントが最も高いシェアを占めており、今後も最速で成長することが予想されます。神経疾患用の革新的なMRIコイルの開発が進むことで、市場の成長は促進されると考えられます。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、高周波コイルとグラディエントコイルに分けられます。2020年は、高周波コイルセグメントが最大シェアを占め、今後も最高の成長率を獲得すると思われます。高周波コイルは、MRIにおける時間的・空間的分解能、感度、均一性に影響を与える重要な役割を果たしています。

エンドユーズ別見通し

市場は、エンドユーズ別に、病院、イメージング診断センター、外来診療センター、その他に分類されます。今後は、外来医療センターのCAGRが最も高くなると予想されます。これは、プライマリケアセンターへの政府の取り組みに起因しています。また、外来医療センターで行われるMRIスキャンの数が増加しており、MRI装置とそれに伴うMRIコイルの需要が高まっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]