LED照明の市場規模、2027年に1,156億米ドル到達予測

LED照明の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR11.6%で成長し、2027年には1,156億米ドルに達すると予想されています。LED(Light Emitting Diode)とは、電流を流すと光を放つ半導体素子のことです。半導体材料の中で、電流を持つ粒子が結合することで光が発せられます。

光の色は、電子が半導体のバンドギャップを通過するのに必要なエネルギーによって決まり、赤、緑、黄、青、紫、白、2色、3色、赤外線などの色を生成することができます。LEDは、屋内照明、屋外照明、液晶ディスプレイのバックライトなどに使用され、現在、利用可能なものの中で、最も効果的な光源と言えます。さらに、LEDは、長寿命、耐久性、エネルギー効率、設計の柔軟性、経済性、紫外線放出ゼロ、低電圧動作などの特徴を備えています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックにより、人々の購買力は低下し、屋内外の一般照明への興味が薄れ、小売業、製造業、ベンチャー企業などが、莫大な経済的損失から、資金計画の見直しを迫られています。また、開発プロジェクトの遅れも市場の懸念材料となっています。LED照明市場は、パンデミック終息後には、市場は回復し、2021年末までには、所得成長を達成することが期待されています。

製品別見通し

市場は、製品別に、照明器具とランプに分類されます。照明器具部門はさらに、ダウンライト、街灯、トロファ、その他に分類されます。ランプ部門は、Aランプ、Tランプ、その他に分類されます。今後は、ランプ部門が、最大のCAGRを示すと予測されます。これは、発展途上国でLEDランプの導入が進んでいることによります。LEDランプは、白熱電球と比較して、堅牢性、エネルギー効率、時間的安定性など多くのメリットがあります。さらに、リフレクター、Aランプ、Tランプ、MR-16ランプなど、さまざまなデザインがあります。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、屋内と屋外に分かれています。2020年は、屋内セグメントが最大シェアを獲得しました。LED照明は、蛍光灯や白熱灯、高輝度放電(HID)の代替として採用が進んでおり、今後も同様の傾向を示すと考えられます。ここ数年、小売店、オフィス、ショッピングモール、病院、教育施設などでLED照明の使用が急激に増加しています。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、商業、住宅、工業、その他に分類されます。2020年は、商業部門が最も高い収益シェアを獲得しました。これは、LEDトロファやダウンライトの需要が増加していることに起因しています。美術館やギャラリーなどの展示用照明には、プロジェクターやリフレクター、ダウンライトなどのハイエンド照明が使用されています。高輝度LED照明は、産業用照明分野での需要が高いと考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]