ラボラトリー情報管理システムの市場規模、2027年に13億米ドル到達予測

ラボラトリー情報管理システム(LIMS)の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR6.1%で成長し、2027年には13億米ドルに達すると予想されています。LIMSは、研究室のワークフローを簡素化するために利用されます。これには、研究者に自動的にタスクを割り当て、ワークフローの次の段階でどこにサンプルを渡す必要があるかを策定することが含まれます。LIMSはまた、事前に設定されたルールや基準に基づいて、機器やツールを提供するようにプログラムすることができます。

ゲノムやDNAの研究の増加は、LIMS市場に拍車をかけると考えられます。民間企業や学術研究によるバイオテクノロジーの急速な拡大と、技術の医療や農業への応用が、同市場の成長を後押ししています。また、ヒトの配列変異の知識を獲得したことで、医療は劇的な変化を遂げており、様々な局面でLIMSのアプリケーションが採用されると考えられます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生に伴い、ラボテストの需要が爆発的に高まり、ラボの専門家やエキスパート、そのインフラへのストレスが増大しています。LIMSの機能を利用して、前処理、分析、後処理などのすべての段階を簡素化することで、現在進行中のCOVID-19パンデミックにおいて、LIMSが非常に有益であることが証明されています。

用途別見通し

市場は、用途別に、CRO(医薬品開発業務受託機関)、石油精製・石油・ガス産業、ライフサイエンス、化学分野、食品・飲料・農業分野、環境試験所、その他に分類されます。LIMS市場では、CROセグメントが高い収益機会をもたらすと予測されています。この成長は、バイオテクノロジーや製薬会社によるアウトソーシングの需要の高まりに起因しています。これに加えて、主要な能力への集中、コスト効率、請負業者と顧客の双方への利益などの利点が、このセグメントの成長を促進しています。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、サービスとソフトウェアに分類されます。2020年は、サービスセグメントが高いシェアを獲得しました。これは、LIMSの統合、導入、検証、保守、サポートのニーズが高まっていることに起因しています。また、LIMSのアウトソーシングソリューションに対する需要が、このセグメントの成長を促進すると予測しています。

製品別見通し

市場は、製品別に、クラウド型、ウェブホスティング型、オンプレミス型に分類されます。2020年は、クラウド型が高い市場シェアを獲得しました。これは、クラウド上のデータに、システム、支店など多数の場所から簡単にアクセスできることに起因しています。さらに、労働力の減少、導入の容易さ、コスト効率の高いデータ管理も、このセグメントの成長を急上昇させています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]