保険分析の市場規模、2027年に251億米ドル到達予想

保険分析の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR16.9%で成長し、2027年には251億米ドルに達すると予想されています。保険分析は、保険業界において、価格設定、格付け、引受、マーケティング、クレーム、リザーブなどのリスク管理に広く利用されているソリューションです。保険分析ソリューションは、リスク管理だけでなく、生命保険、医療保険、損害保険などさまざまな分野で、保険会社がよりよい保険契約を提供するのにも役立ちます。保険分析ソリューションの主な役割としては、顧客関係プロセスの改善、コストの最小化、保険モデルにおける予測分析の適切な活用などがあり、様々な商品ラインにおいて信頼性の高いレポートを作成することができます。

保険業界では、データに基づいた意思決定手法や最新の分析手法が導入され、保険分析市場の成長は加速すると考えられます。また、中小企業による保険分析ツールやサービスの導入も進んでいます。loT保険は、保険会社が最新のサービスを提供し、顧客とのコミュニケーションを可能にするため、保険分析市場の成長を促進します。多くの保険会社がデジタル化への投資を増やしています。

COVID-19の影響

保険分野はデータ駆動型の産業になりつつあり、保険会社は市場の主要なトレンドであるアップグレードされた分析技術の導入、採用、投資を行っています。COVID-19パンデミックの発生に伴い、ロックダウンや事業停止が引き起こされ、企業のバリューチェーンは混乱しました。そのため、いくつかの保険会社はビジネスモデルを変更し、オンラインソリューションの利用に移行しました。まだ、保険分析ソリューションを導入する組織は多くありませんが、今後数年間で、技術の採用や保険業界の企業間の競争の激化により、保険分析ソリューションの売上が増加すると予想されます。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ツールとサービスに分けられます。ツール分野は、今後、最も高い市場シェアを獲得すると考えられます。保険分析ツールは、第三者管理機関、保険会社、代理店、ブローカーなどのエンドユーザーが、情報を戦略的資産として活用することで、他社との競争力を高めるために採用しています。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、リスク管理、顧客管理・パーソナライゼーション、クレーム管理、プロセス最適化、その他に分類されます。リスク管理分野は、今後大きな市場シェアを獲得すると考えられます。保険会社は、潜在的なリスクを把握し、損失を軽減するための対策として、分析ソリューションを幅広く活用しています。

導入形態別見通し

市場は、導入形態別に、オンプレミス型とクラウド型に分けられます。今後最も高い成長率を示すのは、クラウド型の導入モデルです。クラウド型ソリューションは、リソースプール、コスト管理、導入期間の短縮などの利点があるため、人気が高まっています。また、クラウド型ソリューションは、拡張性、柔軟性、コスト効率に優れています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]