産業用イーサネットの市場規模、2027年に153億米ドル到達予想

産業用イーサネットの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.2%で成長し、2027年には153億米ドルに達すると予想されています。産業用IoTの採用により、リアルタイム制御、自動化、動作、安全のために、工場内の複数のソースセンサーからデータを収集し、過去の傾向を調べ、パフォーマンス計画の実現を可能にします。

産業用IoTを利用することで、企業は機械間の通信や自動化を簡素化し、センサーデータを取り込むことができます。しかし、そのためには、データ転送を円滑に行うためのネットワークインフラが必要です。産業用イーサネットは、この産業用ネットワークインフラです。産業用イーサネットの性質は不均一で、極端な湿度、温度、振動にも耐えられるため、産業用の工場の設置に適しています。また、最大1GBit/sの高速伝送が可能であるため、工場にとっても最適な選択肢となります。このように、産業用イーサネットの採用率は、産業用IoTの導入が進んでいることによって後押しされています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生により、すべての製造企業は戦略を再設計し、サプライチェーンを復活させるための迅速な対応に迫られました。大多数の製造企業は生産を停止せざるを得ず、その結果、サプライチェーンに支障をきたし、産業用イーサネット市場の発展にも悪影響を及ぼしました。多くの産業用通信会社では、2020年第1四半期に収益の伸びが急激に低下しています。パンデミックの影響が大きくなかった一部の企業も、第2四半期にはその影響を目の当たりにする事になりました。

オファリング別見通し

市場は、オファリング別に、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されています。産業用イーサネット市場は、ハードウェア分野が最も高いシェアを占めています。産業界では、高速通信を可能にするために、IP電話やPCなどの機器がインターネットに接続されています。産業界におけるM2M(Machine-to-Machine)通信は、効率的な工場運営を支援します。また、航空宇宙・防衛、自動車、輸送、医薬品、食品・飲料など、さまざまな産業分野において、オペレーションを高速化し、優れた信頼性と堅牢性を実現します。

産業別見通し

市場は、産業別に、自動車・輸送、電気・電子、医薬品・医療機器、航空宇宙・防衛、エネルギー・電力、石油・ガス、食品・飲料、その他に分類されます。製造工場で自動化の必要性が高まっていることから、自動車分野が、世界市場の大半を占めています。自動車産業は、自動化と接続性の受け入れにより、急速なペースで変化し続けています。一方、水処理システムでも、水位監視センサー、コントローラー、ACドライブが重要な役割を果たしており、システム間通信を効率化するために、産業用イーサネットネットワークが広く導入されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]