高頻度取引サーバーの市場規模、2027年に5億4690万米ドル到達予想

高頻度取引(HFT)サーバーの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR4.6%で上昇し、2027年には5億4690万米ドルに達すると予想されています。高頻度取引サーバーは、ハイパフォーマンスコンピューティングアプリケーションの一部門であり、人工知能(AI)や深層学習機能を導入しています。これらのHFTサーバーは、トレーダーが株式市場の動向を予測し、一瞬のうちに取引を行うことを可能にします。大手投資銀行やヘッジファンドを提供する企業では、HFTアプリケーションの需要が高まっており、結果的に業界に新たな成長の道を開いています。

高頻度取引に対する投資家の関心が高まっていることから、HFTサーバーの専門家はHFT言語を加速させることが重要になっています。HFTには、コンピュータネットワーク分野を起源とする言語が数多く存在します。これは、HFTが極めて高速なコンピュータアーキテクチャと高度なソフトウェアによって構築されているためです。

フラッシュトレードとは、高頻度取引の一種で、市場参加者からの売買注文に関するデータが一般に公開される前に、取引所が高頻度取引企業に数ミリ秒の間、フラッシュさせる取引のこと。フラッシュトレードは、高頻度取引事業者がこの情報を利用して、保留中の注文よりも先に取引を行うことができるため、フロントランニングと解釈される可能性がある。

アプリケーション別見通し

市場は、アプリケーション別に、株式取引、外国為替市場、コモディティ市場、その他に分類されます。2020年は、株式取引が最も高いシェアを占めました。これは、特に大型株市場において、高頻度取引プラットフォームの普及が進んでいることに起因します。

プロセッサ別見通し

市場は、プロセッサー別に、X-86ベース、ARMベース、Non-x86ベースに分類されます。2020年は、X-86セグメントが最大シェアを獲得しました。これは、x-86コアプロセッサの大規模な採用や、x-86アーキテクチャをベースにしたソフトウェアコードへの業界の依存によるものです。さらに、x86プロセッサーは、AIやデータ分析ワークロードなどの高計算アプリケーションに適しており、迅速な計算を行います。

フォームファクター別見通し

市場は、フォームファクター別に、2U、1U、4U、その他に分類されます。2020年は、2Uセグメントが最大シェアを獲得し、今後も突出した成長率を記録すると推定されています。この成長は、2Uフォームファクターにより、中小企業が少ないコストでITフレームワークを拡張できることに起因しています。また、2Uフォームファクターは、単一の筐体で高い柔軟性を実現し、様々なコンピュータシステムで迅速なトランザクションを可能にします。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]