データ中心型セキュリティの市場規模、2027年に130億米ドル到達予測

データ中心型セキュリティの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR20.8%で成長し、2027年には130億米ドルに達すると予測されています。クラウドやモバイル環境、データレイク、その他のビッグデータレポジトリに機密データが大量に蓄積される中、データセキュリティの導入は、世界中の政府や企業にとって重要な課題となっています。

データ中心のセキュリティソフトウェアやソリューションは、いくつかのプロトコルや標準規格を介して、保存されているデータ、移動中のデータ、使用中のデータを精査し、保護します。そのため、企業は、ハッカーや内部の脅威、その他の悪意のある攻撃による脅威を削減し、機密データの活動を一貫して監視するために、ソフトウェアやソリューションを導入する必要があります。これらのソリューションは、ファイル、データベース、クラウドなど、異なるサイロにあるミッションクリティカルなデータを保護します。さらに、各国の規制により、顧客情報を保護するための新しいルールが策定されています。HIPAAのような医療記録のセキュリティに関する規制や、PCI-DSSのような金融業界向けの基準があり、顧客の個人金融情報のセキュリティとプライバシーに関するものです。データ保護、データの分類と発見、データガバナンス、コンプライアンスは、データセキュリティのソフトウェアとソリューションに必要な主な機能の一部です。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生は、デジタルテクノロジーの利用とリモートワークの基準に変革をもたらしました。リモートネットワークを利用することで、企業の大部分がバーチャルに業務を行うようになっています。企業はこの新しい常識に適応するために、資産やリソースをクラウドやデジタルプラットフォーム上に移し、ネットワークセキュリティや境界線セキュリティなどの適切なセキュリティ対策を実施しなければなりません。パンデミックの期間中、期間後ともに、場所を問わずにデータを保護できるソフトウェアやソリューションが市場で求められています。

コンポーネント別見通し

市場は、コンポーネント別に、ソフトウェア&ソリューションとサービスに分類されます。ソフトウェア&ソリューション市場はさらに、データディスカバリー&クラシフィケーション、データ保護、データガバナンス&コンプライアンス、その他に分類されます。ソフトウェア&ソリューション分野の、データディスカバリー&クラシフィケーション部門は、今後最大の収益シェアを獲得すると予測されます。データの発見と分類は、データ中心型セキュリティ市場の最も重要な段階です。この用語は、企業の様々な場所でアクセス可能な分散したデータセットの中から、機密データや重要なデータを決定し、分類することと定義されています。データの発見と分類に使われる類似の用語には、データインベントリ、データカタログ、データ識別とマッピング、データ検証などがあります。

エンドユーザー別見通し

市場は、エンドユーザー別に、BFSI、政府・防衛、IT・通信、ヘルスケア、製造、消費財・小売、その他に分類されています。ヘルスケアセグメントは、今後最も高い成長率を示すと予測されます。ヘルスケア分野には、個人の健康情報や患者に関する重要なデータが含まれており、データセキュリティはこの分野でより重要な役割を果たしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]