コンドームの市場規模、2027年に171億米ドル到達予想

コンドームの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR9.5%で成長し、2027年には171億米ドルに達すると予想されています。コンドームは、最も効果的な避妊方法と考えられており、コンドームを使用することで、性感染症(STD)のリスクを大幅に軽減することができます。コンドームの需要と成長の主な要因は、避妊と性感染症の予防です。さらに、近年では女性用製品も台頭し始めています。これは、女性の服用する避妊薬に対し、健康を害する副作用の認識が広まった事に起因しています。

さらに、セックスワーカーを介して感染するHIVの危険性に対する意識が高まっていることも、この製品の普及を後押しすると考えられます。例えば、UNAIDSの世界HIV/AIDS統計2020によると、セックスワーカーはHIV感染に対して30倍の脆弱性があるとされています。したがって、避妊具に対する意識の高まりにより、これらの製品の成長と採用が増加すると考えられます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックにより、人々が自宅に留まらざるを得ないようなロックダウン規制が行われたため、公衆衛生製品の需要が大幅に増加しました。一方、製造施設に対する厳しい制限のため、性的健康製品の入手や供給が困難になるなどの問題をもたらしました。

素材種類別見通し

市場は、素材種類別に、はラテックス製と非ラテックス製に分けられます。2020年は、ラテックス製が最大シェアを獲得しました。これは、製品入手の容易さとコストの低さによるものです。ほとんどのセクシャルウェルネスブランドがラテックス製コンドームを提供しており、避妊に対し82%~98%の効果があることが証明されています。これらのコンドームは、柔軟性と耐久性に優れ、避妊効果がたかく、性病の予防にも役立つと考えられています。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、ドラッグストア、量販店、Eコマースに分類されます。顧客はコンドームの購入に入手のしやすさなどの要因からドラッグストアを選ぶ傾向があり、この部門は、2020年の最大シェアを獲得しました。

製品別見通し

市場は、製品別に、男性用コンドームと女性用コンドームに分類されます。2020年は、男性用コンドームセグメントが高い収益シェアを獲得しました。これは、コンドーム市場で事業を展開している大手企業のほとんどが、男性用製品の製造に注力していることに起因しています。男性用コンドームは、様々なタイプがあり、STIやHIVなどの致命的な病気を避けるために、性交渉の際に採用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]