ベアメタルクラウドの市場規模、2027年に193億米ドル到達予測

ベアメタルクラウドの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR22.3%で上昇し、2027年には193億米ドルに達する見込みです。ベアメタルクラウドとは、極めて柔軟な設定が可能で、高性能なオンデマンドのクラウドリソースのことで、コンプライアンス、一貫性、安全性、パフォーマンスを求めるグローバル企業の間で非常に人気が高まっています。ベアメタルクラウドでは、マネージドサービスプロバイダーやパブリッククラウドサービスプロバイダーからハードウェアソースをレンタルすることができます。拡張性、効率性、柔軟性、簡便性に優れたITインフラへのニーズの高まり、データトラフィックの急増、CAPEX/OPEXの削減などが、ベアメタルクラウド市場の成長に大きく寄与しています。

多くの産業分野で採用されている技術には、ビッグデータやIoTがあります。ビッグデータを利用することで、企業は、過去のデータに基づいて障害の根本原因を特定したり、リスク要因を評価したり、重要なタスクを達成することができます。その結果、企業はよりスマートで効果的な意思決定を行うことができ、コストと時間の削減につながります。ベアメタルクラウドの導入は、ビッグデータやIoTの普及とベアメタルクラウド市場の成長が同時に進行するという点に到達しています。ベアメタルクラウドのベンダーは、ビジネスインテリジェンス、消費者の購買行動の予測など、すべてのソフトウェアを一箇所で見つけることができる共通の情報源となっています。多くの企業でビッグデータやIoTが不可欠な要素として取り入れられており、ベアメタルクラウド市場の成長が促進される事が予測されます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの危機において、技術的に進んだエコシステムは重要な役割を果たしており、企業におけるベアメタルクラウドサービスの需要は急速に高まっています。ロードバランシングによるワークロードの割り当ての強化、単一サーバー上でのデータベースホームの提供、パーソナライズされたネットワークによるハイパフォーマンス、ITリソースへのアクセスと物理的セキュリティの最大化、データの高度なセキュリティの促進、そして戦略的なビジネスイニシアチブの達成が、同サービスの目的となります。

組織規模別見通し

市場は、組織規模別に、大企業と中小企業(SME)に分けられます。2020年は、大企業セグメントが圧倒的なシェアを占めました。中小企業セグメントは、2021年から2027年の間、CAGR25.3%で成長すると見込まれています。

産業別見通し

市場は、産業別に、BFSI(銀行、金融、サービス、保険)、IT・通信、ヘルスケア、小売・eコマース、政府・防衛、メディア・エンターテインメント、製造、その他に分類されます。今後は、BFSI分野が、最も高いシェアを獲得すると予想されています。BFSIセグメントは、市場で最も急速に成長しているセグメントです。銀行部門では、増え続けるトランザクションとそれに関するデータに対応するため、ベアメタルクラウドサービスを必要としています。さらに、オンラインバンキングの媒体上での高いセキュリティとデータ保護、より安全な取引、アクセス侵害に対するニーズも、ベアメタルクラウドソリューションを望むデータトラフィックの動機となっています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]