自動車用スイッチの市場規模、2027年は433億米ドル到達予想

自動車用スイッチの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR6.9%で成長し、2027年には433億米ドルに達すると予想されています。ここ数年、自動車業界は大きな変化を遂げています。乗客の安全性と快適性への要求が高まっていることから、メーカーは新技術とワークフローを理想的に融合させた最新のデザイン体験を目指しています。自動車用スイッチの需要は、機械式ギアから電子式ギアへの大きな変化により増加するでしょう。

自動車の主要部品の一つに自動車用スイッチがあります。これらのスイッチは、自動車に組み込まれた電気システム全体を管理します。自動車用スイッチは、自動車の照明や機能の管理に重要な役割を果たしています。また、エンジンの始動や停止など、さまざまな動作にも利用されています。これらの機能に使用されるスイッチには、プッシュ&プルスイッチ、キースイッチ、トグルスイッチ、マリングレードスイッチなど、多様な種類があります。

技術の進歩と消費支出の増加により、自動車用スイッチは世界中で大量の需要が発生しています。また、主に耐水性スイッチと非耐水性スイッチの2つのカテゴリーに分けられます。耐水性スイッチは、極端な気象条件に常にさらされている二輪車の性質からも、人気が高まっています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生により、多くの国で長期間にわたり封鎖措置がとられ、自動車生産にも深刻な影響を与えました。世界各地の製造施設が閉鎖され、自動車の販売台数も減少しました。自動車用スイッチ市場は今後数年間、顕著な減少を示すと考えられます。一方、多くの自動車メーカーは継続して自動車用スイッチシステムの開発を目指しており、自動車産業が回復基調にあることから、今後の市場の見通しは明るいものとなっています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、HVACスイッチ、ステアリングホイールスイッチ、イグニッションスイッチ、多目的スイッチ、ドア&ウィンドウスイッチ、シートコントロールスイッチ、オーバーヘッドコンソールスイッチ、その他に分類されます。2020年は、HVACスイッチが最大シェアを占めました。世界中の自動車においてクライメートコントロールシステムの需要が増加しているおり、HVACスイッチセグメントのシェア獲得につながっています。自動空調システムの需要が増加していることが、自動車用スイッチサービスの成長を促す要因となっています。

車種別見通し

市場は、車種別に、乗用車、小型商用車、大型商用車に分けられます。今後は、大型商用車が有望な成長率を示すと予測されます。贅沢な機能に対する需要が高まり、運転体験やパフォーマンスが向上することで、HVACやインフォテインメントシステムなどのカーエレクトロニクスの需要が高まります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]