レンジフードの市場規模、2027年に176億米ドル到達予想

レンジフードの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR8.3%で成長し、2027年には176億米ドルに達すると予想されています。レンジフードとは、厨房内の余分な熱やゴミ・ホコリを除去するための調理器具です。主に調理台やレンジの上に設置され、効率的な作業の手助けとなります。コンロとは、レンジフードを設置した元で調理するためのバーナーのことです。レンジフードは、業務用厨房では油による火災を防ぐため、消火設備と一緒に使われることがほとんどです。ろ過システムは、ほとんどのレンジフードに組み込まれており、排気から油脂やその他の粒子を除去するのに役立ちます。

可処分所得の増加、家庭用キッチンの洗浄器具の需要拡大、インフラ設備の充実などの要因が市場の成長を支えています。さらに、その管理のしやすさや清潔さに加えて、トレンディでエレガントな外観を好む傾向が高まっています。また、クイックサービスレストランやフードジョイントの増加と技術の向上も、レンジフード市場に新たな成長の道を開いています。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生に伴い、ほぼすべての分野でその成長に一定の影響が見られました。多くの国でロックダウンが実施され、旅行が禁止され、生産施設が制限され、労働力が不在となったことで、多くのセクターに悪影響を及ぼしました。しかし、医療など一部の分野ではパンデミックによるプラスの影響を受けています。

COVID-19パンデミックの影響により、冷蔵庫、レンジフードシステム、オーブンなどの厨房機器メーカーの中には、政府の厳しい規制により製品の製造を中止しているところもあります。また、国際貿易が禁止されたことにより、レンジフードや煙突の製造に必要な原材料が著しく不足しています。

タイプ別見通し

市場は、タイプ別に、アンダーキャビネット型、壁掛け型、天井埋め込み型、その他に分類されます。2020年は、アンダーキャビネットフード型が最大シェアを獲得しました。これは、その簡単な設置、手頃な価格、その他のキッチンモジュールとの互換性によるものです。また、ダクトは煙や粒子をキッチンから運び出すのに役立ちますが、ダクトレスレンジフードはキッチン内の空気を再循環させています。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、オンラインとオフラインに分類されます。今後は、オンラインの流通チャネルが高い成長率を示すと予想されます。これは、電子商取引の普及や、スマートフォンやタブレット端末などのスマートガジェットの利用が進んでいることに起因しています。さらに、簡単な支払い方法や割引、無料インストールサービスなど、オンラインプラットフォームが提供するメリットが、同セグメントの成長をさらに加速させると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]