キッズスクーターの市場規模、2027年に8060万米ドル到達予測

キッズスクーターの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR12.6%で成長し、2027年には8060万米ドルに達すると予測されています。スクーターに乗ることで、子供たちは新陳代謝、心肺機能、血液循環などの体の機能を高めることができます。子供用スクーターには多くの種類があり、小さな子供たち用には軽量化するためにプラスチックが使用されます。金属を使用して作成されたスクーターは、耐久性がありますが、重量が重くなります。子供用スクーターには、2輪、3輪、4輪などの種類があり、ホイールのサイズと使用される材料は、ユーザーのスクーター体験に重要な役割を果たします。スクーターのホイールは、柔らかく柔軟な素材のために、衝撃吸収性があります。また、大きなホイールは衝撃吸収に役立ち、荒れた道でも優れた性能を発揮します。スクーターの安定性はデッキの高さに依存するため、デッキの高さは子供用スクーターに不可欠な要素です。

子供用スクーター市場の成長を促す要因の一つは、子供の健康増進に対する親の関心です。スクーターは、心肺機能、新陳代謝、血液循環など、さまざまな体の機能を向上させることができるため、多くの健康専門家から推奨されています。さらに、免疫力、身長、運動能力の向上にも効果があることが証明されており、肥満やその他の関連疾患の予防にも役立ちます。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックの発生により、消費者の購買パターンは変動しています。COVID-19は、医療品、食品、その他のパンデミック関連製品を牽引する役割を果たしましたが、ライフスタイル製品の需要と供給にはマイナスの影響を与えました。COVID-19状況下で、子供用スクーターの需要が増加しました。これは、親が子供に運動をさせることで免疫力を高め、子供の健康に役立てようとしたと考えられます。スクーターに乗ることは、血行を良くし、免疫力を高める運動となります。しかし、世界のほとんどの地域で製造工場が閉鎖され、生産が混乱したため、製品の入手可能性は著しく低下しています。COVID-19後には、企業は新たな可能性や課題を見つけ、ニーズや今後の需要を満たすために、戦略、製品、ブランドのポジショニングを変更する必要があります。

製品別見通し

市場は、製品別に、3輪と2輪に分けられます。2020年は、3輪スクーターセグメントが最大シェアを獲得し、今後の成長も最大となることが予測されます。子供や幼児は、3輪スクーターを好んで使用するため、高い人気を誇っております。そして、後部にシングルホイール、前部にツインホイールを組み込むことで、優れた安定性を実現しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]