腎臓機能検査の市場規模、2027年に14億米ドル到達予想

腎臓機能検査の市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR7.6%成長し、2027年には14億米ドルに達すると予想されています。腎臓機能検査には、濃度・希釈検査、クリアランス検査(腎臓の主要なろ過機構である糸球体のろ過速度、腎血流量の評価)、尿の視覚的・物理的評価など、さまざまな種類があります。さらに、尿中のナトリウム、グルコース、リン酸塩、カリウム、アミノ酸など様々な物質の濃度を測定し、それらの再吸収に関わる腎機能の特定検査も行われています。

市場の成長は、大手企業による投資、研究開発活動の活発化、腎臓病の増加、政府による支援策の増加など、多くの要因によって促進されると考えられます。腎臓機能検査とは、腎臓の機能を評価・特定するための簡単な臨床検査のことです。その需要は、糖尿病や高血圧症の増加に伴う慢性腎臓病や急性腎不全の患者数の増加によって促進されています。

COVID-19の影響

全米腎臓財団が実施した調査によると、COVID-19が原因で入院を必要とした人は、AKI(急性腎障害)になるリスクがかなり高いとのことです。この研究では、COVID-19患者は、非COVID-19患者と比較して、AKIを発症する可能性が2倍高いことが明らかになりました。さらに、医療機関では、AKIを発症したCOVID-19患者は、他の患者に比べてCKD(慢性腎臓病)を発症する可能性が高いため、定期的に検査を受けるべきだと提案しています。このような背景から、今後、腎臓機能検査市場は成長を続けると考えられます。

製品別見通し

市場は、製品別に、クリアランス検査、血液検査、尿検査、希釈・濃縮検査、その他に分類されています。2020年は、クリアランス検査が大きなシェアを占めており、今後もこのセグメントが優勢になると予測されます。クリアランス検査は、糸球体濾過量を観察・評価するためのゴールドスタンダードとされています。

エンドユースの展望

市場は、エンドユーズ別に、病院、診断ラボ、研究所・研究機関、その他に分類されます。診断ラボは、検査価格が手頃な上、正確な結果が得られるため、今後も高い市場シェアを獲得すると考えられます。一方、研究所・研究機関は、北米や欧州などの地域で研究開発活動が活発化していることから、高い成長率を記録すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]