機能性ショットドリンクの市場規模、2027年に14億米ドル到達予測

機能性ショットドリンクの市場規模は、2021年から2027年の間にCAGR16%で成長し、2027年には14億米ドルに達すると予想されています。機能性ショットドリンクは、ノンアルコール飲料として分類されています。炭水化物、電解質、ミネラル、ビタミン、食物繊維、プロバイオティクスなどを、意図した量だけ摂取できるように調整され、豊富な種類があります。また、スポーツドリンクやエナジードリンク、強化水、ヨーグルト、フルーツジュース、レディトゥドリンク(RTD)ティーなどにも、幅広く利用されています。

タマネギ、スピルリナ、ショウガ、霊芝、黒コショウ、ワサビ、ニンニク、ハバネロペッパー、モリンガ、海藻など、多くの素材が機能性ショットドリンクに使われています。微生物学、栄養学、食品工学、生化学の絶え間ない発展により、メーカーはユニークな飲料を開発するようになりました。免疫力とエネルギーレベルの向上は、機能性ショットドリンクの主な利点です。健康志向の高い消費者にとって、機能性ショットドリンクは食生活の重要な一部となりつつあります。

COVID-19の影響

COVID-19パンデミックは、健康や食生活、飲酒に対する意識に影響を与えました。パンデミックの状況は、機能性ショットドリンク市場の成長を促進する可能性があります。消費者は常に免疫力を高める製品を求めています。この点が、機能性ショットドリンク市場に新たな成長の道をもたらしています。機能性ショットドリンクは、利便性が高く、保存が容易であるため、様々な利点があります。寒冷地での保存が可能な製品があれば、常温でも長持ちする製品もあります。この要因に加えて、そのリーズナブルなコストが、市場の成長を促進すると予想されています。

製品別見通し

市場は、製品別に、エネルギー、免疫、デトックス、その他に分類されます。2020年は、エネルギーセグメントが最大シェアを獲得しています。多様な製品の発売により、消費者に広く浸透したことが、この成長の要因です。

流通チャネル別見通し

市場は、流通チャネル別に、コンビニエンスストア、ハイパーマーケット・スーパーマーケット、オンライン、その他に分類されます。2020年は、コンビニエンスストアが最も高いシェアを獲得し、市場を支配しています。コンビニエンスストアやドラッグストアでは、消費者の購買行動を刺激するために、ボディサプリメントと一緒に置いたり、キャッシュカウンターの横に置いたりしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]